文章能力を上げることは自分自身の考えを伝える最高の手段だ。

みなさんは、どのくらい文章を書く機会があるでしょうか?文章を書くことを仕事にしている人は文章を1000文字から5000文字またはそれ以上の文章を自分の考えをまとめることが出来るかと思います。普段の生活で文章をまったく書かない人もいると思います。文章を書くことでどれほどのメリットがあるか自分の考えをまとめて見たいと思います。

スポンサーリンク



 

頭を使う。

文章を書くということは頭の中で考えなければなりません。日記や自分だけわかるような文章を書く場合は箇条書きやなぐり書きでも良いと思ういますが、相手にわかりやすく伝えたり重要な内容を要点をまとめて書いたりとあまり文書を書くことが苦手な人は難しいと思います。自分自身も情報発信をするために文章を書く事をしているのですが、まだまだ文章がおかしかったり伝わりにくい表現で文書を構成している部分も多いと思います。

ですが、文章を反復して書き続け、考え続けることでうまくなってくると思います。文章に関わらず仕事でもスポーツでも一緒だと思います。

そして、頭を使う。という事は自分自身がどのくらいのレベルでいるのかも再認識が出来ると思います。文章を書く前はスラスラ書けるだろうと思っていたのですが、500文字もかけなかったり同じことを最初と最後で言ってしまったりと。

全然、文章を書けないことに気付きます。

 

イメージを文章にする難しさ。

自分のイメージを文章にする難しさも気づきます。イメージしたことを文章にすることはとても頭が疲れます。この頭の疲れが脳にとっても負荷がかかるので脳トレになります。

常日頃から相手に伝わりやく文章を書くということは伝えたい情報を自分自身がその内容をしっかりと理解していないといけません。しっかりと理解することで自分の言葉で伝えることが今の課題でもあります。

 

文章能力が上がるとどうなるか。

文章能力上がるとどうなるか。それは、自分自身を知ってもらうことが出来ます。自分の伝えたい事を伝えたい言葉で伝えたい表現でしっかりと伝えたい相手に届ける事が出来ます。

一番のメリットは文章としてブログであれサイトであれ本であれ誰でも読めるということです。

そして、現在はインターネットが繋がっていれば自分が話さなくても文章としてオンライン上に載せておけば24時間365日誰でも見ることが出来ます。

今では、文章に関わらず動画という形で残すことも可能ですが。。

 

どうすれば文章能力が上がるのか

冒頭でも説明したのですが、やはり毎日書き続けることが大事だと思います。サッカーで例えると毎日ボールを蹴ってリフティングを毎日している人と1週間に一度だけ練習する人。どちらが上達が速いかは言うまでもありません。

反復して、練習して練習して続けるしかないと思います。

 

まとめ

今の段階で文字数は1000文字ぐらいです。結構、頭使います。伝えることがこんなにも文章にすると難しいのかとつくづく思います。文章書く仕事をしている人を尊敬します。

下手くそでも良いから続けることで結果がついてくると思うので頑張ります。そして、このサイトをもっと多くの人が見てくれる楽しんでくれる情報を発信し自分自身の価値をもっと高め、築いていきたいと思います。

そして、伝える事で自分の事に興味をもってくれる人も多くなればと思います。今のままでは自分のブランドもしっかりと伝えれる能力はついていないので、少しずつ焦らずブレず行きたいと思います。

今回は個人的に自分自身の事を見つめ直すための記事として書きました。インターネットが普及している現代は世の中に自分のフィルターを通してどんどん発信して行くことがあたまえになりつつあります。

最近流行っているユーチューバーやIT会社の自社メディア、世の中に対して個人や企業が様々な手法を考え発信しています。発信する事でファンがつき、モノ・サービスが色んな人に伝わって行きます。

今現在、文章を書いていてうまくまとまてるかどうかわかりませんが継続する事を意識して行きます。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。