”継続は力なり”は本当に”力”になるのか?

「継続は力なり」は本当に自分自身の力になるのか?「継続は力なり」は世間一般でよく聞くことわざでありますが、”継続は力なり”は実際に具体的にどういうことを言うのか考えてみましょう。

人間はある作業に慣れるまでの一定の量をこなす必要があります。作業によって異なりますが、その作業に慣れることが出来れば考えずに作業をこなしていけるだけの技術を身につけることが出来ます。

RyanMcGuire / Pixabay

この継続は力なりの”継続”の部分は作業の量であったりあなた自身がその作業を慣れるまでの道のりを表しています。その道のりを継続して続けることで力なりの”力”になります。仕事であっても、スポーツであっても勉強であってもこの”継続は力なり”をし続けていけば必ず自分自身の力になります。

この”力なり”の部分はなんの事を指しているでしょうか。”力”ということは、その作業は物事の”質”の事を表していると思います。人間は脳はある程度慣れが出てくると無意識に出来ることが出来、身体が勝手に動いたり意識せずに次に何をすれば良いのか、わかってきます。

仕事の場合でも、継続の慣れが出始めると自分自身で考える力が身につき、基本に沿った”応用”が出来るようになります。その”応用”であったり作業の”質”が継続は力なりの”力”の部分になります。

ダイエットや英語の勉強も継続することで、一定の量をある程度こなすことで痩せたり、英語が話せるようになります。ですが、継続が難しいと感じるのは自分自身わかっていますし今、この文章を読んでいるあなた自身も感じているのではないでしょうか。

継続はどのようにして続くのか。それはその作業自体を作業としてとらえるのではなく、自らの意志の強さとで継続すれば続ける傾向があります。自分自身がどう思うか。自分自身以外の人間がどう思うかは関係ありません。迷惑などをかけてはダメですが、自分自身で決める事なので、気にせずに自分の感情に正直になることで”継続”することが出来自分自身の”力”となります。

今、周りやテレビに出ている人で有名になっている人は少なからず自分が没頭できるなにかを”継続”して続けていたからこそ自分自身の力になり”最高の結果”として残っているのだと思います。

継続は力なりは、あまりにも有名すぎることわざですが、とてもシンプルで実行するには自分自身の意識であったり明確な目標設定が必要になってきます。

geralt / Pixabay

この継続は力なりを続けることで自己成長や新しい自分の可能性に気づきより良い人生になっていくと思います。時間の感覚は年を取るにつれてどんどん速い感覚になっていきますし、人生なにが起こるかわかりません。自分の感情にしたがいより良い人生を送れるように継続する力を身につけていきたいですね。

そうすることで結果が伴ってくると思います。スポーツも勉強も上手くなりたかったり、勉強が出来るようになりたかったら継続して身体に覚えさせるしかないですね。

ではでは。

 

 

”継続は力なり”

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。