ポケモンgoは日本ではいつ、ダウンロード出来るの?日本でも社会現象の予感。

ポケモンgoは日本ではいつ、ダウンロード出来るのであろうか?現実世界で憧れのポケモンをゲットする疑似体験できる時代がやってきた。現在、アメリカでツイッターを超えてしまうユーザー数の勢いで社会現象を巻き起こしているポケモンgo。日本でも配信日や早く体験してみたいという声が多く出てきている。

スポンサーリンク



7月14日時点でポケモンgoでは、まだアメリカやニュージーランドの一部の地域だけの配信となっていおり、配信数日でアメリカ中がポケモンgoのブームが起こっており社会現象となっている。この数日でのポケモンgoの普及にはどういった経緯があったのだろうか。その部分にも気になるところですがまずはポケモンgoをご紹介しましょう。

まずは、公式サイト「Pokemon GO」のプロモーションビデオ見て見ましょう。なんと現時点で再生回数3000万回以上です。

 

 

ポケモンgoは「位置情報」を活用し、現実世界とバーチャルの世界でリンクさせるアプリゲームになっており、通常のスマホゲームのように家にいながら、自分で身体を動かして移動せずに遊ぶのではなく、実際に外に出てポケモンジムやポケモンがいるスポットに自ら足を運んで捕まえなければならない仕組みになっておりこの現実世界とバーチャル世界をリンクさせることによる新しいゲームの形を採用しており爆発的にアメリカでムーブメントになっている。

この現実世界の外へ出てポケモンをゲットするという体験が新しい体験となり様々なポケモンのスポットに多くのユーザーが集まりポケモンゲットに励んでいる。

なんと、このポケモンgoはアメリカで配信されてまだ7月7日にされ数日しかたっていないことにびっくりさせられた。課金制度も取り入れており売り上げも一日に公開4日で14億円の売り上げを出したことがアメリカの調査会社によりわかっており、今後世界展開するはずなので一気に売り上げとともにユーザー数の増加を見込めることになり圧倒的アプリゲームの大躍進が期待される。

僕自身、ポケットモンスターの「金」をやっていたのでこのムーブメントに乗って是非ともこのポケモンgoを体験してみたいという気持ちが大きい。

ポケモンgoが起こした社会現象

このアメリカでの爆発的なムーブメントは様々な社会現象を巻き起こしている。

・ポケモンgoをやる人が多すぎて犯罪率が低下した。

・外に出てポケモンをゲットしないといけないので肥満解消に役立つ

・ポケモン探していたらまさかの水死体発見。

・任天堂の時価総額が異常なまでに急上昇

・アメリカにメートル法を定着させる。

海外の反応がわかるツイッター

ミュウツーを探して道路の真ん中まで集団で移動していますね。これ、事故とか多発しそうで怖いですね。

ゼニガメは個人的にもゲットしたいポケモンに入っています。ミュウツーはやっぱり出現率とか出現場所とか難しい場所になるのかな。勝手に配信前に想像しています。

海外のyoutuberによる実際の遊んでいる動画

参考Youtubeチャンネル:GloomGames

参考Youtubeチャンネル:MoreAliA

まとめ

日本での配信日は今週中との噂がたっていますが、このアメリカの社会現象度合いを見るとサーバーの方のメンテナンスにも追われているそうなのでもしかしたら日本でのリリースは遅くなるかもしれませんね。

日本でも社会現象を巻き起こす予感がしますが、ツイッターなどの動画でもあがっていたように異常なまでのポケモン欲しさに様々なトラブルや事故などは起こって欲しくないですね。

日本中の小学生もハマりそうですし日本でもポケモンが代々木公園でゲット出来たり、京都などの観光名所などでもゲット出来るかもしれませんね。ディズニーランドやUSJなどのテーマパークでもポケモンゲット出来たら面白そうな感じがします。。テレビでも「ポケモンGO」の話題を取り上げていますが。その期待度がわかります。

是非とも、家族で旅行しながら親子で楽しむ方法も楽しいかもしれません。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。