年齢を重ねるにつれ時間の感覚が短くなる理由。

年齢を重ねるにつれ時間の感覚が短くなる。とよく聞くことが多いですが、なぜ、人は年齢を重ねると時間の感覚が短くなるのでしょうか。子供頃の時の一日、一週間、一カ月、一年、大人になって年を重ねる毎の一日、一週間、一カ月、一年、あんなに充実して長かった時間が今はあっという間に過ぎてしまいます。20代は30歳を過ぎてから早い。40歳を過ぎてから早い。どんどん人生の先輩からの話を聞くと年齢を重ねるにつれ時間の感覚が短くなるとよく聞きます。

スポンサーリンク



 

 経験の数の違い

Picography / Pixabay

 

子供の頃の自分と大人になってからの自分には何が違うのか。大きく言えることは”経験の数の違い”です。子供のころの自分はまだなにも経験していなくて初めて体験することが多いです。初めて体験することは経験したことがあることに比べ”脳みそへの刺激”が強いです。大人になってからも今までやったことのない作業や体験したことを体験すると”脳みそ”への負荷が掛かります。その負荷こそが子供の頃の時間の充実度や大人の自分との時間の感覚の違いなのだと思います。

年齢を重ねるにつれ”経験の数”が自分より下の世代より増えてきます。そいうした人生の経験、仕事の経験の体験が多いので的確なアドバイスや大きな失敗をする前に自分が経験したことのある失敗を起こる前に同じ失敗をさせないように忠告出来るのです。

経験の数が多い人の話は聞くべきということがわかります。

 

日常が習慣化している

Unsplash / Pixabay

日常が習慣化している事も時間の感覚が短くなる理由の一つだと思います。仕事をしていてもある程度のワークフローがあります。作業の流れですね。お客さんからサービスを頼まれて終わるまでの流れ。この流れは大まかでは一度覚えてしまえば身体が覚えていきます。この習慣化が身体の慣れとしていつも通りの体験として蓄積されているので時間の感覚が短く感じるのだと思います。

 

人生を充実させるためには

skeeze / Pixabay

人生を充実させるためにはどうしたら良いでしょうか。子供のころのようなワクワクする体験、心の底から新しい体験に飛び込んでいく好奇心。充実した体験をするには今までにしたことがないような経験を自ら飛び込んで経験することが新しい刺激となり充実していくと思います。

いつもの自分ならやらないであろう体験。新しい発見、新しい考え方。新しい自分を発見できるかもしれないですね。

ポケモンgoのレベルアップも目指したいですが、自分自身のレベルアップも新しい場所や体験をしてゲットして行きたいですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。