ヒップホップカルチャーとは何たるか?Dev-Large先生に教えてもらおう。

最近、フリースタイルダンジョンや高校生ラップ選手権でラップが流行っていますね。地方各地での駅前でのサイファー(フリースタイルでラップをする)でも渋谷サイファーなどは人が多すぎるほど盛り上がっています。そんなラップは一体どのように日本に伝わってきたのか。そして、どういう影響を与えてきたのかBuddha BrandのDev-Largeが教えてくれます。

インターネットのYoutubeが普及していなかったら僕自身、この動画も見ることはなかったしこの記事でみなさんに紹介することもなかったでしょう。

ヒップホップカルチャーはラップだけでなくグラフィティやブレイクダンスなど自己表現を表しているのが特徴ですね。

今は亡きDev-Large。現在活躍しているラッパー達への影響力は絶大だったと思いますしこれからも影響を与え続けていくと思います。

動画の最中のフリースタイルはマジでカッコいいです。

スポンサーリンク



 

 ヒップホップカルチャーとは何たるか?

 

加藤ミリヤのデビュー曲のプロデュース。

余談ですが、加藤ミリヤのデビュー曲のプロデュースもしており「夜空」という曲にはDev-Largeが所属していたBuddha Brandの「人間発電所」のトラックをサンプリングで使われています。当時加藤ミリヤは高校一年生。Dev-Largeにプロデュースしてもらえたなんて羨ましいですね。思いっきり「人間発電所」のトラックです。

 

 まとめ

Dev-Largの英語を織り交ぜたラップがかっこよすぎです。ラップブームが来ている今日、Buddha Brandの様な影響与えるグループがあるからこそのラップブームがあると思うのでもっとヒップホップが盛り上がっていって欲しいですしどんどん面白い企画や天才が現れることを期待しています。いつかなりたいな、モノホンのプレイヤー。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。