世の中の良いデザインとは?自尊心がカギ?

このデザインは良い。このデザインは好きではない。感性くすぐるデザイン。デザインにも色々とあります。Tシャツからパソコン、自動車やインテリア家具。このデザインに共通する良いデザインとはどういうデザインのことを言うのでしょうか?

それは最高でシンプルなデザインかもしれないし、説明できないほど複雑だけど何か惹きつけられるデザイン。

人は目での情報の割合が大きいです。そのデザインを見たときに自分自身がどのような変化が起こるか?僕が考えるのは自尊心が満たされる事が良いでデザインだと考えます。

自分を満たしてくれるデザイン。Tシャツであれ自動車であれインテリア家具であれ、もしこの商品を買ったときに自分自身の心が満たされるかどうかが重要になってくると思います。

 

良いデザインは人を惹きつける。

世の中の様々なデザインを観察してみると良いデザインは人を惹きつける力があります。

そして、そのデザインは人の心を満たす力も持っています。また、認知力も関係してきます。デザインした本人が有名な人であればその人がデザインしたというだけでファンは良いデザインと勝手に判断してしまう傾向があります。

もとよりデザインした人はそこに到達するまで様々な努力を経験してきており今までの積み重ねが成功に繋がっているわけですが、良いデザインをするにはどうすれば良いのか考察していきます。

 

コンセプトをしっかり決める。

このサイトのコンセプトはgetidentitycapital(自分自身の価値を高める。築く)というコンセプトですが、色んな企業やブランドにもしっかりとしたコンセプトが決まっています。そのコンセプトのフィルターを通したデザインをする事でそのコンセプトに共感した人が商品やサービスを買ったりしています。

ぶれないコンセプト設計とそのコンセプトを通したデザイン。その積み重ねが大切になってくると考えます。良いデザインをするためには世の中の流行りも勉強しないといけないし流行りを作る側にならないといけません。

日々、情報のアンテナを張り自分のフィルターを通して発信したりデザインに融合させる必要性が出てきます。その為にも一貫したぶれないコンセプトは決めるべきであると言えます。信念や志しに共感してくれる人を多く獲得することで新しいファンが増え続け成長していくのです。

そのためにはその人たちに認められる良いデザインを追求してく必要があります。人を惹きつけられる良いデザインを目指し向上していくことが大事になってきます。

 

一つのデザインを提供し続ける。

認知させ続けることそのデザインに付加価値がついてくると思います。わかりやすく言うといわゆる定番というやつです。

この定番はある程度の認知力と多くの人が使ったりリピーターになってくれる必要があります。そのためには一目見てどのようなデザインでどのような商品かわかるというレベルまでに達しないといけません。

この認知力を上げるためには提供し続け色んな人がそのデザインに触れてもらう事で補うことが出来ます。そして、一般的な定番になってきます。

デザインの種類を豊富にするのも良いですが、定番のデザインを作ることも大切であり重要です。

 

まとめ

良いデザインを目指し、人の自尊心を満たすデザインをしていく必要がある。世の中の良いデザインの共通点を発見する観察力と一貫したぶれないコンセプトを意識しもっと情報のアンテナを張り自分自身に吸収しそれを応用して発信していく必要がある。また、定番の商品の認知力アップのための提供し続ける行動をしていく。文章能力や映像を使った自分自身の認知力と伝えるちからを少しでも良いから続け、自分のモノにし、良いデザインを追求していく。という課題が見えてきました。この課題を解決していくことが自己成長に繋がり行動できる自分になってくると思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。