どうやってファッションの”流行り”は作られるのか?

どうやってファションの”流行り”は作られるのか?ファッションにはその年、その季節になどの”流行り”あります。その年のトレンドにより様々な”流行り”が作られます。

例えば、”色”であったり”柄”であったり”着こなし方”であったり雑誌のやマスメディアによる広告により消費者の目に触れその情報集した着こなしやアイテムを実際にアパレルショップで購入し街中で着る。その着用しているスナップ写真を雑誌に載せてどんどん市場に浸透させいきます。

今回はそのファッションの”流行り”はどうやって決められていくのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



トレンドカラー・流行色はどうやって決めるのか?

422737 / Pixabay

今現在流行っているトレンドからーや流行色はどうやって決められるのでしょうか。

実はこのトレンドカラーや流行色というは業界で数年前に発表しておりインターカラー(国際流行色委員会)という委員会で2年後に流行るトレンドカラーや流行色を決定しファッション業界に発信しているのです。

そのインターカラー(国際流行色委員会)で決められたトレンドカラー・流行色を日本の「Jafka(日本流行色委員会)」で今後の日本の経済状況と傾向を予測し最終的に日本でインターカラーで決まったトレンドカラー・流行色をベースに1年半前に日本でのトレンドカラー・流行色が発表されます。

そのカラーを使い世界のトップデザイナーが大手コレクション、ここでは5大コレクション(パリコレクション、ニューヨークコレクション、ロンドンコレクション、東京コレクション)で2年前に決められたトレンドカラー・流行色をベースにしたコレクションを発表するのです。

 

 どうやって浸透していくのか?

keijj44 / Pixabay

このトレンドカラー・流行色の方向性が決まってファッション業界はどうやって浸透させていくのでしょうか。コレクションを見た各ファッション業界のデザイナーやプレスなどが実際にコレクションを見て流行るであろうデザインを多く広告業界に浸透させていきます。

芸能人を使ったプロモーションや一般向け雑誌による掲載、SNSによるバイラルマーケティング(口コミ)などです。好きな俳優や女優、モデルなどに着用してもらい憧れの存在が着用することによる影響力も関係しています。

このようにファッション業界はその年のトレンドカラー・流行色を色んな過程を踏み、世の中の消費者に届けているのです。

 

流行りは繰り返される?

aitoff / Pixabay

流行は繰り返される。とよく聞きますが、それはなぜでしょうか?

答えはアイテムに限りがあるからです。Tシャツやジャケット、小物などにはある程度のパターンが決まっておりその時代の背景が大きく関わっており昔流行っていたスタイルや着こなしが今の時代にアレンジされて今の”流行り”として流行するのです。

この流行りの周期は20年の周期で訪れると言われており親の世代のファッションと子供のファッションが似ていると言われるのはこの為です。

ですが、時代によりアレンジされているのでその時代の雰囲気や傾向が違うため大体は似ているのですが、その当時のアイテムがそのまま着用出来るのは難しいでのではないのでしょうか。

ものすごくおしゃれでセンスある方なら着けこなせるかもしれません。

まとめ

KateCox / Pixabay

流行色というのは様々な過程を通して世の中に広まっているのです。業界全体を通して流行色を使用し、一般向け雑誌にファッション雑誌、そして芸能人やモデルなどの影響力がある人たちが着こなして消費者の市場に伝わっていることがわかったと思います。

是非、自分が着用しているファッションの中にどのようなトレンドカラー・流行色が入っているか確認してみるのもおもしろいかもしれませんね。

今年のトレンドカラー・流行色はどんな色?こちらで確認することが出来ます!!是非チェック!!

JAFCA 一般社団法人日本流行色協会

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク