先を読む力を養うためにはどうしたら良いだろうか。

時代の先を読む力が求められてくる現代、今の状況や流行りの動向、様々なデータを使用し先を読む力が求められるようになってきます。

では、そもそも先をなぜ読まないといけないのか。という問いに対してみなさんはどのような意見をお持ちですか?

僕自身は将来の予想をし少しでも自分のプラスになる選択をするための目を養うためと他人の意見だけでなく自分の感覚や思考でどうなるのかを考える力も養うことが出来るので先を読む力は自分のスキルとして考えておかないといけないという考えです。

 

スポンサーリンク



 

「先見性」という言葉をよく耳にしますがこの「先見性」が優れた人はiphoneを世の中に普及させスマホ革命の先駆者となったスティーブ・ジョブスやそのiphoneをいち早く日本の市場に持ち込んだソフトバンクの孫正義。

こういったビジネスで成功している人達は少なからず「先見性」に優れており時代を読む力が優れていたということがわかります。

そして様々なアイディアを駆使し新しいサービスやとんでもない角度からの製品開発や見ている人たちに期待と高揚を与えてくれる製品やサービスを打ち出してくれる人たちです。

では、なぜこうもこの人たちは「先見性」に優れた目を持っていたのでしょうか?

同じ人間なのにどうしてこうも面白い発想や新しいアイディアが浮かんでくるのでしょうか。そして、人々がより驚きより効率良くより使いやすく、よりデザイン性に優れた製品を新しい商品が出るたびに期待を裏切らない。

一つだけわかることは誰でも出来る「自分で考える思考を持っている」ということです。こういった人達は問題解決能力にも優れていると思います。

世の中の人達が不便だと思っていることは何だろうか。そして、こういう製品やサービスがあったら便利なんじゃないだろうか。

そういったことを日々考え抜くことで色んな思考や感情、ひらめきに繋がるんだと思います。

この「自分で考える思考を持っている」という事が重要になってきます。この「自分で考える思考を持っている」人達の覆うは自分で会社を起業していたり、同僚との仕事で差を着けていたりどんどん出世していったりと「結果」として目に見える形で表れてきます。

この時代の先を見る力「先見性」を鍛えることにより自分自身を分析し改善していくことが出来ると思います。

この時代を読む力は世界情勢を知ることかもしれません。人々の様々な意見を聞き色んなパターンを見つけることかもしれません。それは、その人の目的によりけりで変わります。

今、何が必要で何が足りないかを自分自身で自己分析出来るようになれば今より少しづつ良い方向に変わっていくと思います。

僕自身もまだまだ自分自身と向き合うことが出来ていないかもしれません。ですが、「自分で考える力」をやめなければ今より少しは成長できると信じていますし成長していきます。

僕自身が陥りたくないのは思考を停止させてしまうことです。孫正義の言葉で好きな言葉があります。

「考えても考えても答えが出なかったときにどうすればよいか。それはそれでも考える事」という言葉を思い出します。自分なりに考えても考えても答えが出ないときはそれでも自分の思考を止めずに考えて考えて考えまくるということです。

こういった姿勢や行動や思考がいろんなビジネスや収入に繋がり今の地位を自分自身で獲得していったのだなあ。と感じます。

「先見性」を身につけるために様々な情報に溺れ何が自分にとって正しくて何が間違っているのかをしっかりと判断できるようになっていきましょう。

もしかしたら、答えはすでに気づいていないだけで知っているかもしれません。それもまた、思考を続けていった結果だと思います。

時代の先読みをしてみましょう!!では!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク