クーラー病(冷房病)。症状は頭痛や吐き気、対策すべきポイント。

クーラー病(冷房病)の症状は頭痛や吐き気が起こることが多いです。これからの季節、冷房を使う機会が増えてきます。室内や室外を行き来し、急激な温度変化の環境にいる方は要注意です。夏は室内でクーラーを使う機会が増えてくるともいます。その急激な温度変化にあなた自身の身体の体温調節機能が不安定になってしまい、クーラー病(冷房病)になってしまうかもしれません。今のうちに、対策すべきポイントを押さえておきましょう。

スポンサーリンク



 

 

症状は頭痛や吐き気

クーラー病(冷房病)の主な症状として頭痛や吐き気、それに加え様々な症状が現れます。肩こりや食欲不振、発熱、身体のだるさなどが現れます。

症状が出やすい方の多くは、自律神経系の調節が上手くできない乳幼児や老人に多く見られ、女性の労働者にも見られます。ですが男性の方も少ないということではなく、自覚症状がない場合が多いです。

 

 

原因は自律神経系の乱れ

人間の身体は体温を一定に保つ機能が備わっておりその体温が温度差による、外の気温と室内の気温が5度以上になると自律神経系に乱れが起こりやすい状態になってしまい頭痛や吐き気などといった症状が出ます。

急に冷たいものや急激な温度変化によっておこるため、室外とクーラーをつける場所とあまりにも温度差があるところを行き来するのを控えましょう。

夜に寝ている間に冷房を強くし過ぎるといざ外に出ると外の急激な温度に身体が耐えられず体調を崩したりします。

 

 

対策すべきポイント

クーラー病(冷房病)を対策すべきポイントとして原因にあるように急激な温度変化が起こる場所の行ききをなるべく少なくする。また、クーラーを使わないということも一つの手です。扇風機は風なので急激な冷たい風は来ないので温度変化が少ないからです。

大勢の人がいる室内でクーラーの調節ができない場合などはなにか羽織るものを自分で用意し身体を急激に冷まさないような工夫をすることも大事です。

自律神経系のバランスの乱れで症状が出てしまうので、自律神経系のバランスを一定に保つ心がけをしましょう。バランスを一定に保つ方法として、身体の中から温める飲み物を飲みましょう。ココアや生姜湯も効果的です。

運動するのの良い対策です。一日10分~15分て度でも良いので運動することにより身体の代謝や血行のめぐりが良くなり自律神経系のバランスが適度に保たれます。

食事もあまり冷たいものを取らず身体に急激な負担が掛からないような食事を心掛けましょう。

 

まとめ

今回はクーラー病(冷房病)についてお話ししました。これからどんどん暑くなりクーラーを使うことが多くなってきます。急激な温度変化は自律神経系のバランスを乱し、頭痛や肩こりや身体のだるさなどの症状が出てくる場合があります。是非、夏を万全な状態で生活出来るよう心掛けましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。