動体視力を鍛えると脳にも良い?

動体視力を鍛えたい!動体視力を鍛えてスポーツや判断能力が高くなりたいと思う人は少なからずいると思います。今回はこの動体視力の鍛え方について紹介したいと思います。動体視力とは一体どのような働きをしているのか。動体視力を鍛えることでどのような効果が得られるのか?

スポンサーリンク



動体視力とは?

動体視力とは、文字の通り動くものを自分の目で見る能力のことを言い、スポーツなどではこの動体視力の能力が高い人達はそのスポーツ界のトッププレーヤーが多いです。眼球の運動の速さや瞬間的にモノをみる能力も当てはまります。この動体視力が高いと野球などではしっかりと投げられたボールを打つことできるのです。ボクシングでいうと相手のパンチをしっかりとみてかわす能力も関係があります。

 

動体視力の鍛え方

電車の通勤で家の表札や看板を目で追い何が書いているか認識する訓練をする。赤信号で待っているときに目の前を通るナンバープレートを目で追いかける。今はスマートフォンが普及しており無料で動体視力を鍛えるアプリが色々と出ていますので少しの空いた時間に出来るアプリをすると良いでしょう。視野を広くする周辺視野のトレーニングや瞬間的に記憶する瞬間記憶のトレーニングなど動体視力も脳の働きが重要になってきます。また、動体視力を鍛えるトレーニング用の眼鏡もあり効果を体験している人も多数いる。

 

鍛えることによって得られる効果

効果としてスポーツの判断能力の向上や判断力向上にともなう反射神経の向上、一度に見れる視野の拡大、車や自転車を乗るときに全体を把握全体を把握できるので運転がしやすくなる。脳の活性化に繋がる。集中力の向上。スポーツの場合、次の動作にスムーズ(見る→判断→動作)に移ることが出来る(パフォーマンスの向上)

 

 まとめ

スポーツをしている人なら自分のパフォーマンスを上げたいと思う人は多いはず、気軽に生活の中で出来るトレーニングやスマホなどの無料アプリや有料アプリ、そして視力トレーニング用の眼鏡など色々とあります。自分にあったトレーニング方法を試してみてパフォーマンスの向上や判断力や集中力を高めてより良い生活やスポーツライフを楽しみましょう。何事もそうですが、続けることで効果が表れてきます。普段の通期や少しの空いた時間にできる事もあるので是非、試しにやってみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。