人はどの段階でモノを「欲しい」と感じるのか。

人はどの段階でモノを「欲しい」と感じるのか。今日はその「欲しい」と感じる感情はどの段階からくるのか考えてみたいと思います。人がモノを「欲しい」という感覚はみなさんも小さい頃から大人になる段階までおもちゃであったり成長するにつれて「欲しい」モノがどんどん変わっていったと思います。このモノを「欲しい」という感覚は一体どこから来るのものなのでしょうか?

スポンサーリンク



 

モノの情報を得る段階

Pezibear / Pixabay

「欲しい」という感情はそのモノの情報を知る必要があります。なにも情報がないのにモノを「欲しい」という感情になることはありません。テレビで紹介されていたり、芸能人や友人が使っていたりインターネットで見つけたりモノの情報を得る方法は探せば多くあることがわかります。

その情報を得ることで今の自分に必要なモノなのかどうか頭の中で勝手に考えていくのです。そして、自分のそのモノが「欲しい」フィルターが発動し、実際に購入した際にどういう状態になり、どういう感情になるのか考えてしまうのです。

この第1のモノの情報を得ることで人は「自分もこのモノが欲しいかもしれない」と感じる感情に繋がるのです。

 

モノの必要性を探す段階

Westfale / Pixabay

第1段階でモノの情報を得る段階を説明しました。このモノの情報を得る段階で「欲しい」という感情になる人もいればそうでない人もいます。

では、まだモノの情報を得ているのに「欲しい」という感情に達していない人たちはどういう過程で「欲しい」という感情に至るのでしょうか?

モノの情報は第1段階で頭の中に入っている状態です。ですが、まだ「欲しい」という感情には至っていません。それはなんでかというとそのモノの「必要性」を感じていないからです。

このモノを購入し使用したらどういった利点があるのか、今の状態でそのモノを購入したら今の状態からどれほど良い結果が生まれるのか。今までしていたことがどれほど「楽」になるか。モノが持っている機能があなたの「必要性」を満たしていれば「モノの情報」と「モノの必要性」がそろえば「欲しい」という感情が生まれてきます。

このモノの「必要性」をうまく表現していると思えるテレビ番組があります。それはテレビショッピングの「ジャパネット高田」です。

実際にモノにどの情報があるのか。どういった機能がありあなたの今の状態からこのモノを使うことによりどれほど「楽」になり「快適」になるのか「必要性」をうまく表現していると思います。

 

モノを単純に欲しいという段階

MiguelRPerez / Pixabay

「欲しい」という感情に至るまでには情報を得て必要性を感じる過程を説明しましたが、もっと単純に理由はわからないけど「欲しい」という感覚に落ちることもあると思います。

必要性を感じていないのにも関わらずです。あってもなくても良いけど「欲しい」。小さいお子さんをお持ちの人であったり小さい子供が身近にいる人はわかるかもしれませんが子供はこの「欲しい」という感情に素直です。

おもちゃであったりお菓子であったりちょっとでも「欲しい」という感情になれば心の底から「欲しい」という感情を表します。

この欲求に素直なのです。もっとも、大人は本当に必要なのか本当に自分はこのモノを欲しいのか。といろいろ考えてしますので子供に比べて「欲しい」という感情は表す人もいれば本当に必要なモノしか「欲しい」と思わない人と別れると思いますが。

そして、この単純に「欲しい」という感情が現れる段階が現れやすい状況として自分の生活以上に”お金”を余分に持っているか自分の「欲しい」という感情のコントロールを出来ていないときです。

自分の感情をコントロール出来ていない状況というのは精神的なストレスなどが関係してきますが、まさに小さい頃にもどった状態に似ており欲求や自制心が利かない状態のことを指します。

まとめ

geralt / Pixabay

いかかでしたでしょうか?「欲しい」という感情はどういう段階を踏んで「欲しい」という感情になるか考えて行きました。モノがあふれるこの現代、魅力的なモノやサービスが様々な場所で発信されています。

あなたの生活の質をあげるモノもあるでしょう。あなたの感情を満たしてくれるモノもあるでしょう。「欲しい」という感情は人が原始的な欲求であり子供のころからある普通の欲求です。

必要性を良く考えて本当に必要なモノ、心が満たされるモノを購入していきましょう。「欲しい」という感情は大人になるにつれて少なくなる人もいれば多くなる人もいます。

その「欲しい」モノの為に仕事や勉強を頑張るエネルギーに変換することも出来ます。必要性がわかったら購入するために人はそのモノが購入出来るお金をどうにかして作ろうと頑張ります。

僕自身も欲しいモノばかりですが本当に必要なモノを判断できるよう考えを日々身につけていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク