「仕組み化」することで作業系の効率を図る。

日々の仕事にどれだけの貴重なもったいない時間があるでしょうか?仕事をしていくうえで仕事の進歩状況を自分自身や他の仕事仲間

がどれだけ進み、どれだけの仕事量をこなしたのかを把握している人はどれだけいるでしょう。

 

スポンサーリンク



 

情報を共有するうえで必要なことはわかりやすく簡単で明確に情報を提示することが大事です。回りくどい言い方や不必要な情報は

かえって知らない人からすれば混乱を招くかもしれません。

自分自身も不必要な情報をわかりやすいように説明しようとしかえってわかりにくくしてしまっている事が多いです。

このわかりにくさや伝える人によって情報の提示の仕方は様々です。

では、どうすれば誰が見てもわかるような提示にするにはどうすればよいでしょうか?

それは「仕組み化」することです。何をどのように書くのかを明確に提示し、テンプレートを用意しておく。

そうすることで、わかりやすく明確に相手に伝えることが出来ます。

その「仕組み化」は色んな場面で役に立っていきます。とくに何をすべきかが最初から決まってる「作業系」の仕事は

このテンプレートやチェックシートなどを使い、やるべきことを初心者がやっても同じ結果が出るように「仕組み化」

しておけば何度も何度も教える必要がなくなり、より生産性の高い付加価値の高い「思考系」の仕事に集中して取り組むことが出来ます。

是非、みなさんも「仕組み化」を意識してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク