瞑想って意味あるの?ストレスを軽減させ、自分を客観視できる。

 

あのGoogleも社員の活動の中に瞑想を取り入れているらしい。また、アップルのiphoneの生みの親のステーブジョブス,マイクロソフトのビルゲイツも行っていた。有名な大企業やイノベーションを起こしてきた人達に瞑想している人が多いのはなぜだろうか?クリエイティブな仕事をしたりする際の客観的な視点や自らの思考の整理に有効であるからである。

スポンサーリンク



5分間の瞑想から始める。

 

瞑想と言うとどういうイメージを持つだろうか?深呼吸しリラックスした状態で心を落ち着かせ何も考えない。この何も考えない事の状態にするのが非常に難しい。人は絶えず何かしらの物事を考えており考えないように意識すればするほど気が散ってしまい意識を落ち着かせ何も考えない状態に持っていくことが出来ない。トレーニングが必要である。まずは5分間でも良いので寝る前や朝起きて落ちいたときにやってみる。環境として一番重要な事はリラックスできる空間でやるという事。もちろん、テレビをつけながらや騒音の中で瞑想をするのはあまりお勧めしない。リラックスできる音楽やゆったりな音。自分の呼吸に意識できる状態を保つことが大事である。

 

瞑想の効果

 

瞑想の効果として挙げられるのが自分の感情をコントロールができることである。瞑想をすることにより一歩下がった視点(自分を客観視)を手に入れることが出来、ささいな事やイライラしたりストレスをため込んでしまいわないようポジティブな思考にもなることが出来る。瞑想することで集中力も増し自分で考える思考力もアップします。日常生活で様々な問題や色んな思考が頭の中をぐるぐる回っているときなどこの瞑想をすることで落ち着いた感情になり、不安を軽減させる効果もあります。瞑想というと宗教的なものだ思われがちですが、最近では研究者などによる科学的根拠も発表されてます。

 

脳にどのような変化が現れるのか

 

では、瞑想をするとどのような変化が起こっているのでしょうか?瞑想している人と瞑想していない人との脳では脳の中の灰白質という部位の面積の萎縮速度が違うという結果が出ています。この灰白質は気持ちを前向きにしたり精神的な安定させたりする働きがあります。この灰白質の変化が瞑想をすることにより私たちの精神的な部分や感情といった部分により良い効果をもたらしてくれるのです。そして、瞑想は集中力だけでなく記憶力の向上やクリエイティビティ(創造性)の向上にも効果があります。

 

瞑想の方法

 

瞑想をする際は一人で誰もにも邪魔されないリラックスす出来る空間を作り行うことです。そして、目をつぶり呼吸に意識を集中させ思考を邪魔する雑念に気を取られなようゆっくりと呼吸していきましょう。スマホのアプリなどで瞑想用の音やメロディーなどを無料で公開しているアプリなどもあるのでそういったものを活用すると良いでしょう。一番大事なことは何も考えない時間を作るという事です。一日5分でもよいですし時間をとれるようであったら20分~30分の時間。日々私たちは様々なことを思考しています。仕事の事であったり、人間関係、将来の事、家族の事、勝手に脳が思考してしまいます。瞑想をすることで少しでもストレスフリーになる心と体のメンテナンスをしてあげましょう。

 

まとめ

 

今回は瞑想の効果や方法をご紹介しました。私たちは日々の生活の中で絶えず色んなことを考えています。そのせいで集中力が散漫になったり小さな事で感情を取り乱しイライラしたりしてしまいます。瞑想を続けることで脳の灰白質が増加し自分で自分の感情をコントロール出来るようになります。世界の有名な著名人たちが日頃からのストレスから自分を冷静な判断が出来るよう瞑想を日々の日常の中に取り入れています。一日に何も考えない時間を作り脳のメンテナンスとして瞑想を取り入れてみましょう。今まで気づかなかった気づきや思いもよらぬクリエイティブな発想が思い浮かぶかもしれません。また、瞑想にも様々な方法があり、Googleが採用しているマインドフルネス瞑想や世界でもっとも広く行われている瞑想のひとつヴィパッサナー瞑想などがあります。このような他の瞑想方法も今後ご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。