一度、考え方をぶっ壊す必要がある。

年齢を重ねるにつれて人生を変えたいとかやりたいことをやりたいとか考えてるうちに色んな考え方に触れる機会が増えます。

人の話を聞いたときとか、本を読んだりしたときとか、そういう十人十色の考え方に触れて思うことがあります。

一度、考え方をぶっ壊す必要がある。

今までの考え方であったら今までと同じような生活、仕事のままで一向に”現状維持”のままになってしまいます。

自分なりに色んな事を模索しながら生きていくうちに今までの考え方や思想を一度壊す必要があると感じました。

十人いれば10通りの考え方があるわけでどの考え方が正しくてどの考え方が間違ってるという判断はその時その時に変わってくるわけです。

そして、今の”現状”を作っている自分は今、現在の”考え方”が無意識のうちに働き行動や意思決定を促しています。

今後はテクノロジーの発展や生活環境の変化にともない様々なことに対応することのできる柔軟な考え方が必要になってきます。

この柔軟な考え方をしていくためには一度、自分自身の常識と思っていた今ある考え方を一度、ぶっ壊す必要があります。一度世の中の常識というマインドコントロール下で育った僕たちは無意識のうちに見えない枠組みに見えない鎖で繋がれています。

スポンサーリンク



 

一度、考え方をぶっ壊すことで柔軟な考え方を手に入れる必要があります。

何で、同じ人間なのに収入が違う?

何で、同じ人間なのにセンスが違う?

何で、同じ人間なのにいい家に住んでいる?

何で、同じ人間なのにフェラーリに乗っている?

世の中のふとした疑問に意識を集中させ洞察することで見えてくるものがあります。

思考停止は機能停止。

常に考える時は考え続け、何が違くて何が違うのか?その問いに深く深く追求していくことで見えてくる何かがあるともいます。

一度、今までの考え方、価値観をぶっ壊す。

周りが見えないほどに没頭するぐりの覚悟がないとダメです。

精神的におかしくなったと思われるぐらい不安定になってもいいと思います。それを信じて間違わないと思うなら柔軟な発想を自分のものにするにはそれぐらいの不安定さや考え方の破壊が必要です。

なんで世の中、目に見えない仕掛けが数えきれないほどある。仕掛けられているとわかっていても僕たち人間は引っかかるルールの中で生きている僕たちはルールに乗っ取りながら活躍していかなければならない。

もっと自由になれるはずだしもっと人生を謳歌出来るはずです。

子供の頃のワクワク感を取り戻すためには大人になるにつれて植え付けられた考え方を一度、ぶっ壊して新しいそして柔軟な考え方を身につける必要があります。

僕たちにはそれが可能であり気づくべきです。本当の答えは探すことではなく気づくことなのです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク