お金の料金が安く感じる「アンカリング効果」

「今ならなんと!!通常料金より20パーセントオフで購入できます!!」通常料金に横棒が引っ張ってあって、安くなった料金と一緒に表示させている料金表を街中やいたるところで見たことがあると思います。

19800円

14800円

通常料金より安いから今のうちに買っておこうかなぁ。なんて考えてしまう事がありますが、実はこの横棒が引っ張ってある料金の下に安い料金を表示させる料金は見ている人たちへの心理的なアプローチなのです。

そのアプローチこそが「アンカリング効果」と呼ばれる興味を惹きつけお買い得だと思わせる消費者の私たちの心理的テクニックなのです。

 

スポンサーリンク



 

初めの料金が基準となる。

PIRO4D / Pixabay

「アンカリング効果」というのは、アンカーという言葉が入っていますが、このアンカー(基準となる)数字を一度見ている人に見せることにより、安くなった料金だけを見せるよりも効果的に安く見せることが出来ます。

基準となる数字をワザと見ている人に見せているということです。

料金が安くなった 14800円 という数字だけを見せるだけでは、どのくらいの金額お得なのかがわかりません。ですのでワザと見るだけでどのくらい安くなったのかを感覚的にわかるようにあえて19800円という数字をみせているのです。

そして、期間限定でこの料金を設定しているのではなく一年中この安くなっている料金があります。つまり、もともとの通常料金は本当に売りたい料金ではなく、安くなっている料金の方で売り上げを伸ばしたいという思惑があるのです。

 

 

様々な場面で見る「アンカリング効果」

soysuperfer / Pixabay

では、日常生活でこの「アンカリング効果」を実際に使用している場面はどのような場所が浮かぶでしょうか?日々の日常生活にはいたるところに意識してみると出会うことがあります。

個人的に一番この「アンカリング効果」を利用している場所はどこだろう?と考えてみると真っ先に思いつくのが家電量販店です。一度は誰でも家電量販店に足を運んだ事があると思います。

普段無意識的に購入したいモノを見ている私たちですが、実際に家電量販店に行ったときのことを思い出してみるとほとんどの商品にこの通常料金と実際に安くなっている料金が両方記載されていると思います。

他にも家電量販店ではなく、テレビショッピングなどでもこの「アンカリング効果」を利用した料金の表示の仕方をしている商品も多くあります。

意識して探せば、「こんなところにも!?」というようなところに売り上げを上げるための仕掛けが隠されているかもしれません。一度いろんなお店に足を運ぶ際に探し見るのも面白いかもしれません。

 

 

まとめ

padrinan / Pixabay

日常生活でモノを購入する際に重要になってくる商品やサービスの値段。知らず知らずのうちにお店側の売り上げアップの工夫がいろんなところに散りばめられています。

この数字を意図的に見せてより具体的にどのぐらい安くなっているかを購入する消費者に見せ、購買意欲をくすぐる工夫の一つである「アンカリング効果」。そのほかにも様々な売り上げアップの工夫の仕掛けが日々の日常生活の中に隠されています。

是非とも、あなた自身の「観察眼」で見つけてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク