お金を投資してどのように利益を得ているのか。

お金を投資して世の中の人はどうやって利益を得ているのでしょうか。お金を「投資」という事で考えると先に自らのお金を何かに投資して元々あったお金より多くのリターンを求めます。

このリターンとはすなわち「投資」する前にもっていたお金より多く自分のもとに帰ってくる「利益」のことです。では、具体的にこの「利益」はどういった形で生まれるのかご紹介したいと思います。

今回は、「株式投資」に焦点をあててわかりやすく説明したいと思います。

 

スポンサーリンク



 

 

株式投資で得られる3つのリターン

 

klimkin / Pixabay

株式投資というと株式上場しそうな「株」を買いその株を保有していることで色々なリターンが得ることが出来ます。そのリターンとは3つあり主に、、、、

  1. インカムゲイン
  2. キャピタルゲイン
  3. 株主優待

と、3つのリターンが期待できます。インカムゲインキャピタルゲインという言葉は聞いたことはあるけど全く意味が分からないという方が多いと思いますのでその意味やどのように利益が発生するのかという説明をしたいと思います。

 

インカムゲインとは?

Pexels / Pixabay

インカムゲインとは、わかりやすく言うとあなたが「株式」を保有することで得られる「利益・収入」のことであり、「株式」を保有するだけで収入が入ってくることを言います。

いわゆる、株式会社が半年や1年に一回自分の会社の「株」を持っている”株主”に対して売り上げの一部を還元するという仕組みです。

このインカムゲインとは「配当金」の事を言い株式会社によって保有する株式の何パーセントを「配当金」として還元しています。

仮に、100万円分の株式を保有したとして「配当金」のパーセントが「1.7%」の配当だったとします。この場合だと100万の1.7%なので1万7千円が「配当金」として「株主」に配当されます。

 

キャピタルゲインとは?

PIX1861 / Pixabay

キャピタルゲインとは、あなたが「株式投資」した株式会社の「価値」が上がり、あなたが株式を購入した時点よりも1株の金額が上がっている時に保有している「株式」を売却し購入した時の金額と売却した時の金額のその差額があなた自身の「利益」として得ることを言います。

わかりやすく言うと、安い株価の時に株を購入し高い株価の時に売却する。そうやって利益を得ます。

このキャピタルゲインは、インカムゲインよりも利益を多く出せることが特徴ですが大きく利益を出せる反面、株価がが購入した時より下がってしまうリスクがあるので株価の変動に影響を受けやすい特徴があります。

 

スポンサーリンク



 

株主優待とは?

WikimediaImages / Pixabay

株主優待とは「株」を購入した会社の商品やサービスなどを受けられる株主の特権のようなもので、会社のサービスや商品を株主優待として無料でもらえたりする。
 
例えば、ディズニーランドの会社、オリエンタルランドの株主優待などは1日パスポート券などがもらえたりする。この株を持っているだけでその会社のサービスが無料で受けたり出来るのは株主の特権であり、一般でチケットなどを購入するよりその会社の「株」を保有するだけで「優待」という形で優遇してもらえるので会社のサービスをよく理解したうえで「株」を購入するのも魅力的です。
 

まとめ

Alexas_Fotos / Pixabay

「株式投資」というまだ知らない世界の色んな単語が出てきましたが理解することが出来たでしょうか。「株式投資」と言っても3つのリターンが得られる特徴があります。

「株」を保有しているだけで保有株の数パーセントの配当金がもらえるインカムゲイン。そして、安い時に購入し高い時に売却して利益を得るキャピタルゲイン、また会社の商品・サービスを一般の人たちとは違う形で「優遇」が受けられる「株主優待」。

3つのリターンを正しく理解して、どこに「株」を購入すればあなた自身の利益になるのかよく考えながら「投資」していきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク