お金の歴史。「過去」「現在」「未来」

 

 

お金の歴史についてあなたはどれぐらいご存知でしょうか。現在使われている貨幣が一般的なお金と言われているモノですが、そのお金の価値にも「過去」「現在」「未来」というものがあり、 そもそも「お金とはなんなのか?」という問いにたどり着きます。

そのお金の歴史についてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク



 

お金の「過去編」

大昔は今のような貨幣という紙のお金ではなく、生きるために海へ出て魚を捕るために漁に出たり、生きるために山へいき動物を狩ったりして生き延びていました。

そこで、大昔の人たちは物々交換という形で魚や動物の肉、そして貝殻や貴重とみなされるモノを交換しあって生活していました。自分が持っているには多すぎる過剰なモノ同士を物々交換しながらどんどん生活を豊かにしていったのです。

 

お金の「現在」

今の現在のお金は「貨幣」「紙幣」と呼ばれる通貨があり、その価値のもと好きな商品、サービスを購入したりしています。

昔とは違い、国に決められた通貨がありその通貨を働いて給料として貰うことで収入を得ています。

また、その自分で稼いだお金を「株の投資」や「不動産投資」などに変えて働かずに収入を得ている人達もいます。

「過去」とは違い、お金の収入というものにはその人自身の価値や勤務形態が大きく影響しており1時間働けば時給という形でお給料がもらえるアルバイト、それに対して会社に正社員登用として契約を結び会社のために働き月収としてお給料をもらう正社員。

自ら会社を立ち上げ経営者となって会社を経営する代表取締役、そしてその会社の管理職。

色んな形でお金を稼ぎ日々の生活にお金を稼いでいます。そして、生活のために消費します。「現在」のお金というは現物のものではなく、「信用」というものを前提として経済活動に回っているのです。

 

 

お金の「未来」

将来、今の「お金」というものはどのように変わっていくのでしょうか。国による通貨というモノが基準としてありますが、グローバル化が進むに取引の決済やお金の送金などをスピーディに行う必要が現代において重要視されています。

お金というものを使用する人との「信用」が今の紙幣の価値を生み出しています。使用する人が交換するものに「信用」という付加価値が付け加えればどんどん流通していきます。

新しい通貨として注目を浴びているのが暗号通貨の「仮想通貨」と呼ばれるものです。「現在」のお金は中央集権的な流通で一度政府を通してお金を流通させてから市場に出回っています。

この中央集権的なプロセスを介さずに決済などの取引が出来る「仮想通貨」いわゆるビットコインなどがお金の「未来」を変えるだろうと言われています。

ビットコインなどの「仮想通貨」は手数料などがほとんどかからず、日本にいてもアメリカにいてもブラジルにいてもそのビットコインの価値基準は変わりません。

インターネットで取引が出来るため世界的にも注目されています。普通に生きていればなじみがないこの「仮想通貨」と呼ばれるもの。

ビットコインを使用できる箇所が増えれば増えるほどその分、流通は増えるので今後今使用してる紙幣に価値がなくなる可能性があります。

 

まとめ

お金は時代によって色んなものに変わっていっていることがわかります。物々交換で生活を豊かにしていった

「過去」そして今、流通している国ごとの通貨と呼ばれるお金を使用している「現在」。

「未来」のお金としてもっと期待されている暗号通貨による「仮想通貨」、この「仮想通貨」が生活に浸透するのは遠い未来では内容な気がします。

お金というのは「信用」や「価値」というものが多く影響しています。自分の価値をどれだけあげるかで収入も変わってきます。価値を高めれば高めるほど「信用」は増え、収入として得られる金額も上がっていくと思います。

時代の移り変わりを自分の目で情報をどんどんキャッチしていきましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク