「不動産」と言ってもどんなものがあるの?色々な「不動産」

「不動産」と言われればイメージするのはマンションが多くの方が一番初めに思いつくと思います。ですが、マンションだけでなくさまざまなタイプの「不動産」あります。

もちろん、マンションも「不動産」という部類に入りますし、その他の権利収入を得れる「不動産」は多くあります。いくつかあるのでご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク



 

 

マンション

マンションは一般的に「不動産」と言われるとマンション経営が思いつくと思います。自分自身のマイホームとしても自分自身の「資産運用」としてもこのマンション経営は人気です。

タワーマンション

物価が高い都心などに富裕層が住むタワーマンション、普通のマンションより得られる「家賃収入」はその分大きい。タワーマンションを購入する資金はかなり多くなりそうですが、長期のリターンを考えると最初の「投資」の分はすぐに回収出来るのではないでしょうか。

アパート

マンションより購入しやすく「不動産投資」も手が出しやすいこのアパート経営、少額の「家賃収入」を狙うならこのアパート経営がおすすめかも知れません。時期によりアパートの価値が変わるのでその価値が上がったときにアパートを売却してその差額で利益を得る事も出来、その売却したお金でさらに多いな規模のアパートやマンションを購入する人もいます。

オフィスビル

オフィスビルも「不動産」になり、会社が事務所やオフィスとして利用します。このオフィスビルのデメリットはアパートやマンションなどにも言えるのですが、空室のリスクです。常に満室という状況であればいいのですが、空室率は景気などの大きく左右されるのでしっかりとした景気を読む力も必要とされる。

駐車場

街中に多くある「駐車場」、良く使われる地区や場所により「お金」の回収率は大きく変動する。適度な駐車時間と常に駐車している車があればあるほど儲かる。

戸建て

マイホームを夢見る人は多いと思います。2世帯にする人や賃貸併用などのアレンジもすることが出来、あなた自身のカスタマイズが出来る。応用色々。

まとめ

「不動産」と言っても色んな「不動産」のパターンがありますね。アパートやマンション経営をしている方はオーナーという形になりますのでその分、知識や経験も重要になってくるとおもいます。

本やアドバイザーなどの話を聞き、あなた自身の「資産」で運用できるのかどうかしっかりと吟味して運用していくことが大事だと思います。まずは、知ることから始めてみましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク