僕たちはマトリックス(仮想現実)の中にすでに生きている。

みなさん、映画の「マトリックス」を見たことがあると思います。1999年に公開されたSF映画です。その時僕自身はまだ子供で内容や映像美まで細かく鑑賞することが出来ていませんでした。

ですが、記憶の中にはマトリックスで一番有名な銃の弾丸を避けるシーンは覚えていて特にみなさんの中でも印象に残っているのではないでしょうか。

 


 

そんなマトリックスの内容はというと現実世界は現実世界ではなく機械が世界を乗っ取り、脳の電気信号を吸収し機械を動かすためだけに人間を利用しており多くの人類は現実世界を仮想現実の中で現実世界と思い込んで生活しているという内容。

この仮想現実の中に違和感を持っていたキアヌ・リーブスが演じる主人公ネオは日々ある不自然な感覚を持っていました。するとあることをきっかけに自分が生きている世界はマトリックス(仮想現実)だということを知ります。

 

スポンサーリンク



 

自分が生きている世界はマトリックス(仮想現実)の世界でありすべて機械生命体によって作られた世界であり見たり感じたりするものは人間の脳みそにそういった電気信号を送られて錯覚しているだけだと。

一番重要なのは主人公のネオが感じている違和感です。みなさんは日々を生きていて感じる違和感はありませんか?

日々過ごしていることであったり仕事中であったり、まるで意識を誰かに乗っ取られいるような感覚。

それこそが映画「マトリックス」で伝えたいことであり、常識という固い頭で思考の牢獄という名に閉じ込められた人間なのです。

一体何を言っているんだ。と思われるかも知れませんが、僕たちは変な常識という枠組みを生まれたその日からの今まで当たり前という枠組みの中で生活しています。

地球は丸い。

宇宙人はいない。

今のテクノロジーは最先端。

テレビやニュースが言うことは正しい。

などなど、常識という枠組みがあるせいでしっかりとした自分の目で見ることが出来ないようになってしまっています。マトリックス(仮想現実)とは今、現在常識というされているモノすべてのことを言い、すでに僕らはそのマトリックス(仮想現実)に生きているということになります。

僕自身、マトリックスや攻殻機動隊AKIRAなどのSF映画がとても好きでした。今後の今からの未来はこういったSFテクノロジーの発展でより面白くなっていくのだろうなぁ。と思っていました。

ですが、もうすでにマトリックス(仮想現実)の中におりすでに今の倍の倍のテクノロジーは実際にあり現在が劣っているということになるということにも最近気づきました。

そのことに気づくと世の中の事への見る目が変わってきます。知る以前と知ったあとでは見る世界が大きく変わります。

漫画のワンピースが十倍面白くなりました。ハンターハンターも十倍面白くなりました。ドラゴンボールも十倍面白くなりました。

漫画大国の日本はおもしろいマンガ多くあります。その漫画の中で読者に間接的に伝えていることも感じ取れるようになりました。

明らかに視点が常識という枠組みから変わってしまったので無意識のうちに気づいてしまうという現象が起きてしまうのです。

僕自身やあなた自身がもうすでに誰かが作ったマトリックス(仮想現実)の中にいることやマトリックス(仮想現実)の中にいるにもかかかわらず気づいていない事もです。

常識という枠組みから一歩外に出ると見ているモノがすべて違って見えます。そして、なんてちっぽけな人生を送っていたのだろうか。とか、あの時のあのシーンはこのことを伝えたかったのか。とか、あの人はどこまで知ってたんだよ!とかいろんな角度で見れるようになりました。

この色んな角度で見れるようになったことを僕自身大きな収穫であり、夢に近づくための大きなきっかけになると感じています。

よーく世の中を見てみると違和感を感じる部分がみなさんもあると思います。その違和感はとても大事です。その違和感はあなただけではなく、僕自身も感じておりそのほかの人も感じりていることなんですから。

 


 

その違和感に敏感になり自分自身の目で疑いおかしいと気づき調べる事から本当の目を自分の目にすることが出来ます。僕自身もすべてがすべて見ることは出来ていません。

ですので、しっかりと日々感じている違和感を大事にしていきましょう。

ではでは。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク