宇宙(SF)映画は宇宙人がいること教えている?

スターウォーズにスタートレック、メイ・イン・ブラックなど宇宙を舞台にした映画が数多くありますが、この宇宙を舞台にした映画でかならずといっていいほど出てくるのが宇宙人。緑色の肌だったり、タコみたいな容姿だったり様々ですが果たして本当に宇宙人はいるのでしょうか?

stux / Pixabay

 

そういえば、日本の伝説的漫画の「ドラゴンボール」にも宇宙人は多く出てきますね。ピッコロはナメック星人であり神様と崇められてきました。

cocoparisienne / Pixabay

 

今は人口が70億人を突破して人口爆発がどんどん進んでいますが、このまま人口が増え続けていけば地球にいることも出来なくなってしまうかもしれません。

テスラ・モータースのイーロン・マスクも2030年前後に火星移住の計画をしていて、スペースXという会社でロケット実験を進めていますが、本当に僕ら地球人は火星移住をすることが可能なのでしょうか?

このロケット事業には日本のインターネット事業で2000年代に大成功を収めたホリエモンこと堀江貴文氏もロケット事業を進めています。

仮に、火星移住に出来たとして住む場所や施設などはどうすれば良いのか?

食料などはどうすれば良いのか?

火星に行くことが本当に将来可能になるのであれば僕たちも本当に行けるのか?

限られた人しか火星移住が出来なければ残された人たちはどうなるのか?

本当に地球では生きていけないのか?

karlfrey / Pixabay

 

それは、真実を知っている人しかわかりませんがインターネットの普及を予見してインターネットバブルの先駆者たちがやっていることは今後の将来に必ずと言っていいほど影響を与えるはずです。

一般人の僕には到底どういう思考や考え方で日々の生活を送っているのか想像もできませんが、現在もっとも注目される人物が言っていることは信じてみる価値があると思います。

そして、この火星移住から見る宇宙人の存在。実際に僕は見たことがないですがアメリカや南米などでは目撃情報が多数あります。テレビ番組で見ただけの程度のレベルなので実際にはまだ信じていませんが、今後の火星移住に伴い、宇宙人の存在やどうやってコミュニケーションを取るのか?

っていうかなんか、いる前提で話してしまいましたが、オカルトに最近ハマってしまっているので個人的にはいると信じたいんですよね。(笑)

SF映画に出てくる宇宙人の描写も想像を搔き立てるものが多く出てくるので気持ち悪い反面実際に目で見てしまった時にどういう反応や対応するんだろ?勝手に考えてしまいます。

このように映画で出てくる描写は想像を掻き立てられますし、もしかしたら真実をしってる人たちからの映画を通しての暗示?なのかもしれません。わかりませんが。

かなりオカルトな話になってしまいましたが、僕の「夢リスト」の中に「宇宙旅行をする」というのがあるので生きている間に宇宙旅行が出来て叶えば最高です。

ではでは。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク