夢と希望が詰まったこのボロボロのバックパックの中からどれだけの価値を生み出せるか。

このボロボロのNIXONのバックパックは2014年頃から約2年間使用しています。ボロボロ過ぎて破れていた箇所を自分で直しました。そのついでにバックの背面に刺繍でget identity capitalと縫いました。約1時間ぐらいかけて最初はやる気満々でしたが最後の方は全然モチベーション下がってしまいました。もうほつれている箇所が出てきてきているのですがそのままでいいかなと今は思っています。

 

スポンサーリンク


ボロボロのバックパック

毎日使っているバックパック。色んなものを入れました。色んな所に行きました。時が経つとともにつれボロボロになっていきます。ですが、ボロボロになっているという事はきちっと使ってあげているという証拠。雨が降るときは一緒に濡れ。時には地べたに放り投げてしまったり枕の代わりになったり色んな用途があります。そして、このボロボロのバックパックの中には僕の夢と希望も入っています。

 

色んな人に渡してきた。

この夢と希望が入ったバックパック。それは、get identity capital のTシャツやジャケット。手渡しで渡すためにずっとこのバックに入れて届けました。友人から仕事場の人。直接渡せない人には郵送や友人伝いで。欲しいと言ってくれることがめちゃめちゃ嬉しかった。23歳の時にやるって決めてものすごく遅いかもしれない。ゆっくりかもしれない。作るのにも時間が掛かる。まだ渡せてない人もいる。これからも色んな人に渡していきたいし、もっと早いペースでやらないといけないのはわかってる。これはすべて他の人から見ると完全なる言い訳にしか聞こえない。

 

その価値を高めることを続けていけるか。

ブランドは付加価値がついてナンボ。だと思います。市場の中には同じ路線の服が多くあります。その中での価値を見出し、このブランドのが欲しい。と言われるぐらいのレベルに持っていかないといけない。やめてはだめだと思うし、自分を信じる心も必要になってくると思う。ただ、単にこれ作ってるんで着てください!というだけなら誰でも出来る。違う視線でもっと客観的に、過程も大事だけどもっと具体的な結果も出さないといけない。

 

もっと色んな事を経験する。

自分自身の価値を高めていき築く方法は、今までの経験値を超えた部分を体験した時に築かれていくと思う。今、自分自身がやっている、このサイトの更新も今までやったことがなかった分野でありまったくの経験がない。でも、やはりブランド同様やって続けていくことに意味があり価値もどんどん上がっていくと考えてる。まだまだけど。そのために勉強も必要だし、色んな思考をしないといけない。

 

価値を生む。

どれだけの価値を自分から生み続けれるかどうか?だと思う。それは人を感動させることかもしれないし、驚かせる事かもしれないし、影響を与えることかもしれない。もしかしたら全部やらないといけないかも知れない。それは、わからない。考えれば考えるほどわからないくなる自分がいる。何をしてどうすれば良いのか。それはやり続けていけばわかることだと思うのでスッと自分に反応するものを純粋に思いついたことを思いついたときに出来るように。このバックパックとともに。伝えたいことを文章にするの難しい。文章能力ある人うらやましいな。これもまたget identiy capital と自分に言い聞かせてやろう。。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。