ポーターの人気第1位のショルダーバックが機能だけでなくカッコいい。

メンズのリュックでポーターのショルダーバックは根強い人気です。その中でも人気第1位のショルダーバックは機能も充実していてかなりカッコいいです。人気の吉田カバンのポーター。今回ご紹介したいショルダーバックはアメリカのフライトジャケットの生地をベースにしてつくられたタンカーシリーズのバック。程よい大きさで収納面でもグッドなバックです。僕自身、現在ノースフェイスのバックを使用しているのですが、最近ものすごくポーターのショルダーバックに惹かれているます。国内の鞄作りの職人たちが作っているシリーズ。僕自身も今一番欲しいショルダーバックです。

スポンサーリンク



 

生地について

冒頭でも紹介した通り、ショルダーバックの生地はアメリカのフライトジャケットをベースにした生地となっており使用し続けていくと経年変化(エイジング)を楽しめる素材となっています。このフライジャケットの生地をベースにした商品はポーターシリーズにも多くあり普段使いのリュックや財布、ビジネスシーンでも活躍するビジネス用のバックとしても使い心地や機能面で多くのポーターファンからこの「タンカーと呼ばれるシリーズ」は大変人気です。

ポーターショルダーバック

販売サイトで見る

大きさ

大きさは縦が約16センチ。横が約40センチ。ショルダーバックによくある大きさで大きくもなく小さくもなく丁度良い大きさとなっています。

 

pota-

販売サイトで見る

収納面

ポーター9

小物をこれだけ入れても十分に収まっています。少しサイズの小さい雑誌や本などはすっぽりと入りそうですね。

前面の収納ポケットも充実しておりスマホやメモ帳などもすっぽりときれいに収納できます。

ポーター8

販売サイトで見る

職人たちの思いが詰まっている。

職人たちが丹精込めて作っているのがわかる動画です。初めてフライトジャケットの素材を使用した感触や職人の思いがこの吉田カバンのポーターには詰まっています。一つ一つ丁寧に作っているのがわかりますね。このポーターのカバンを作っている職人さんたちは全国にたくさんいるらしく、一点一点細かくチェックしているそうです。

 

 まとめ

人気のポーターのショルダーバック。個人的にはブラックが渋くていいですね。今、かなり欲しいモノです。リュックほど大きくなく、それでいて収納面・機能面も充実しているバックに丁度良い。また、動画を見てもわかるとおり一つ一つ鞄作りの職人さんたちが丁寧に作っているのでより一層大事に使いたいと思えますし、使用する年数が立つにつれ経年変化(エイジング)を楽しめるのも良いですね。今回は僕が欲しくてポーターの中でも人気の「タンカー」のショルダーバックを紹介しました。吉田カバンのポーターはそのほかにも魅力的な商品ばかり出しているのでそちらもチェックしてみてください!!

 

【関連記事】防水Bluetoothスピーカー。お風呂でもアウトドアでも使いたい!おすすめ5つ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。