まずは結果を出すために頭をひねり出す。

まずは結果を出すために今ある知識や行動で頭で出来る事をひねり出す。

何か行動をしていて自分の力を図るために一番わかりやすいことは数字や結果として目に見える

評価や自分で実感できる体験をした時だと思います。

この結果を出すために今ある自分自身の知識を蓄えたり行動を促すための努力は少なからず必要であり、

普通の人では考えられないような発想やアイディアはそういった自分の頭をどうにかしよう。どうにかしよう。

という思考を続けていくことで脳みそに負荷を掛けていくことでふとした時にパッッと出てくるんだと思います。

そのためには自分の考え方も大事ですが自分以外の考え方に触れる事も大事です。

その考え方に触れる機会が多ければ多いほど世間との考え方や自分の考え方のズレや思っていなかったような

発見が生まれます。

 

スポンサーリンク


 

 

昔の偉人の考え方に触れる方法があります。

それは、「本を読む事」です。本を読むことは書いた人の考え方や何を伝えたいかを読み取り自分の考え方と比較出来る

からです。

これはある意味、本を書いた人との対話であり多角的な視点を持つためのトレーニングにもなります。そして、

考えながら本を読むことで深く考える為の思考力のトレーニング、集中力のトレーニングにもなります。

この想像力を生かすことで自分では気づかなかった新しい自分に気づいたり新しい発見に繋がるのです。

昔から本を読む人は頭が良い。や金持ちは本を読んでいるということをよく耳にしますがこういった考える力、

思考力、集中力、のトレーニングをに日々行っているから頭がよくなったり普通の人とは違う視点を手に入れたり

新し事を生み出すことが出来るかもしれませんね。

今の世の中の仕組みはとても複雑で「偽りの真実」が世の中に溢れすぎて何が大切で何が本当に必要なのかがとても

見えずらくなっています。

よーく世の中を観察し、よーく自分の目で洞察し、よーく自分の頭で考えていくことを癖づけていきたいものです。

人と違うことをするのははじめは勇気がいるものであり、行動するにも時間が掛かるかもしれません。

1ミリでも前へ進むポジティブな心構えで人生を歩んで生きたですね。

人は慣れた状態がとても心地良く、その状態を本能的に維持しようと無意識が働きます。この無意識はコントロール

することがとても難しく習慣になっていればなっているほど新しい行動をすることが拒否反応を起こしてしまいます。

突発的な行動の変化はその反動で元にもどりやすいですが少しずつゆっくり変えることで徐々に体に慣れさせることは

比較的難しくはないと思います。

少しずつ自分にプラスになる「行動」や「意識」の変化を変えていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク