”一瞬のスピード”や”急な方向転換”。サッカーで重要になってくる俊敏性と敏捷性。

クイックネス・アジリティとは”俊敏性”や”敏捷性”という意味。このクイックネス・アジリティの能力を上げることで相手より一歩先に動けたりドリブルで使える細かいステップで翻弄したり急激な加速、減速、体重移動、方向転換と様々な能力のことを言います。世界のトッププレーヤー達はそのクイックネス・アジリティの能力を最大限にトレーニングし厳しいプロサッカー界で活躍出来ていると思います。色々調べたことをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク



 

 

 

俊敏性(クイックネス)とは

俊敏性(クイックネス)とは正確性は重要ではなくとにかく素早く動く能力の事を意味する。

素早い動き出しや横方向への素早い体重移動。敏捷性(アジリティ)の基本的動作であり俊敏性を上げることで敏捷性の能力の向上も繋がってくる。それにより相手を置き去りにしたり急な体重移動による方向転換が可能になるのである。

 

敏捷性(びんしょうせい)=アジリティとは

敏捷性(びんしょうせい)とは、動作の素早さに関する能力をいう。 単純な移動速度ではなく、動作方向を正確に変更する速さを指す。 動作を行うまでの判断時間の短さも敏捷性に含める場合もある。 身長が小さい方が物理的に敏捷性が高くなりやすい。

引用:Wikipedia

このように身体を素早く正確に動かすことをいい、”敏捷性が高い”とは相手より素早く正確に動ける事を意味し、ボールを追いかける際の同時発進の際に相手より一歩早く動かせたり、トップスピードから素早い減速でピタッと止まったり、止まった状態から短い時間で自分のトップスピードに持っていける能力も敏捷性(アジリティ)の能力が高くないと出来ない。

俊敏性(クイックネス)が素早く動かすこと(スピード重視)であるが正確性も重要視される。つまりスピード+正確性が重要視される。

 

 

神経系トレーニングをする事で向上する。

この俊敏性・敏捷性のトレーニングは身体の神経系と関係しており慣れない動きを身体に覚えさせ運動神経を慣れない動作からこの動作が自分にとってのあたりまえの動作スピードであることを無意識的に出来るようにさせないといけない。

そのためには繰り返し反復し負荷をかけていく。時間を測り常にベストなスピードを更新し続けるように工夫する。

一般的な有名なトレーニングはラダーを使ったトレーニングやTドリルやマーカーを使った小刻みにステップを出来るだけ素早くするトレーニング。ボールコントロールも交えたサーキットトレーニングなどはサッカーのクラブチームの練習風景で多く見られる。

トレーニング参考動画

引用元Youtubeチャンネル:phase1sports

引用元Youtubeチャンネル:SoccerMachineTV

 

まとめ

サッカーだけでなく、バスケットボールやアメリカンフットボールもこの俊敏性(クイックネス)、敏捷性(アジリティ)が大事になってきます。特にアメリカンフットボールは急に止まったり逆方向のターンや横方向の体重移動をしたりする動作が多いので俊敏性、敏捷性トレーニングは多く取り入れられている。

この能力を向上し続けることで世界のサッカー界のトッププレーヤーは身体のキレの動き、緩急のつけたターンやドリブルを身に着けている。参考動画を見てもらうと地道なトレーニングを繰り返し反復してトレーニングしていることが分かる。

こういった努力を続けていくことでサッカーやスポーツで活躍できる要素なのかもしれません。是非、チームや個人練習でもこのトレーニングは出来るのでクイックネス、アジリティの能力を高め相手より一歩先も二歩先も素早く動けるようになりましょう。その道で活躍するためにはやはり地道な努力が不可欠という事がわかりますね。

 

サッカーの専門家がわかりやすく教えるサッカー・フットサル上達メソッド一覧


吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~

檜垣裕志のサッカーテクニック向上メソッド ~トッププレイヤーになるための利き足のポイントテクニック~

短期集中フットサル上達法

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。