空飛ぶウィングスーツを体験するにはどのくらいの価格、経験が必要なのか。

人生一度でいいから空を飛んでみたい!鳥が空を飛んでる感覚ってどういうものだろう?

人間でも空を飛べる体験が出来る方法があります。映画のスタントやスカイダイビングの関連動画などでもよく見かける動物のムササビのようなスーツを着用し空を猛スピードで飛行を続けるウィングスーツというスーツを着用したスカイスポーツ。

ウィングスーツはものすごいスピードで飛んでいるのでスカイダイビングの経験がない人や経験が少ない人には難しすぎて危険のリスクが高いといわれています。

かなりスリルがあるスカイスポーツなので一度経験してしまうともうその面白さにどっぷりはまってしまい、中毒になってしまう人が多いとか。

スポンサーリンク



 

ウィングスーツ考案者

このウィングスーツを考案した人は、1990年代にフランス人スカイダイバーのパトリック・デ・ガヤルドンによって考案されました。

空飛ぶ動物ムササビのような手と足との間に布を張った特殊なスーツでそのことから”ムササビスーツ”と呼ばれることもあります。

1999年にはフィンランドの「BIRDMAN社」から世界初の市販のウィングスーツが販売され、一般人でも経験や訓練を受けている人がウィングスーツを着用し飛行できる環境が整えられました。

このムササビのような形になってる理由は、飛行時の空気抵抗や速いスピードを追求するためにたどり着いたもっとも理想に一番近い形がムササビのような形になったらしいです。

考案したパトリック・デ・ガヤルドンはスカイダイビングよりスリルがあって”落ちる感覚”より”飛ぶ感覚”が欲しくて考案したのかもしれないですね。

そのスリルを追い求めた結果、世界中にウィングスーツに魅せられたファンが多くいるのではないでしょうか。

 

ウイングスーツの経験・訓練

ウィングスーツを使用するためには、スカイダイビングのライセンスを持つスカイダイバーで通常スカイダイビング500回以上の経験、または200回以上の通常スカイダイビング経験とインストラクターの経験が必要になります。

やはり、時速100キロ以上のスピードで空を飛ぶためには相当な回数のスカイダイビング経験とインストラクター経験が必要になってくるんですね。

スカイダイビングなどは飛行機上からダイブするしますが、ベースジャンプと言われるウィングスーツを着用したジャンプの仕方もあり、崖や高層ビルからダイブし断崖スレスレ、障害物にも当たりそうなぐらいギリギリを飛行します。

そのため、ベースジャンプを飛行する人は通常のスカイダイビングしている人に比べ経験回数が多いにも関わらず毎年、スリルを追い求めた結果、事故に繋がる事も多いとのこと。危険と隣り合わせのスポーツ。

それなりの経験数は必要であることがわかりますね。

スカイダイビングに比べ、スーツに飛行中に受ける制約が多くなるので空中での姿勢やパラシュート時の開き方、緊急時の対応の仕方など多くを自分の知識と対処方法を知っておかないといけないため、スカイダイビングの経験回数だけでなくしっかりとしたウィングスーツのインストラクターによる指導とトレーニングを受けなければならないそうです。

 

ウィングスーツの価格

現在では、楽天ショップなどでも販売されており価格は20万円ちょっと。やはり購入するにはやっぱりこのぐらいの値段はするようですね。

まずは、購入する前に200回以上のスカイダイビング経験とインストラクター経験が必要になってくるのでウィングスーツを購入するまでに結構時間は掛かりそうですが。

それでも、ウィングスーツを着て空を猛スピードで飛行したいという方は先に購入しておいてウィングスーツを着用出来るまでのモチベーションアップにするのも良いかもしれません。

BIRDMAN NINJA Wingsuits 忍者 ウイングスーツ

価格:203,040円
(2016/5/24 16:28時点)
感想(0件)

 

 プロウィングスーツパイロットの 伊藤 慎一さん

ウィングスーツの記録保持者でもある伊藤 慎一さん、検索で”ウィングスーツ”と検索すると上位に出てきます。

なんといってもこの人もウィングスーツの魅力に取りつかれた一人。

ギネス記録を何度も更新し、ウィングスーツの魅力を多くの人に伝えている人でもあります。

ギネス記録の数々。

水平直線飛行距離   26.9km   (2012年ギネス世界記録認定)
3D総合飛行距離    28.707km (2012年ギネス世界記録認定)
最高飛行速度      363km   (2011年ギネス世界記録認定)

引用先:
伊藤 慎一 オフィシャルサイト

まさかのウィングスーツの記録保持者が日本人ということに驚きましたが、一番びっくりしたのはその最高飛行速度です。363kmという速度。一体どれくらいのスピードを体感で感じているのでしょうか。

新幹線の最高速度が300kmと言われてるのでそれよりも速い速度で飛行している事になります。想像も出来ません。

スカイダイビングとウィングスーツの飛行の違いは”落ちている”感覚と”飛んでいる”感覚だそうで、ウィングスーツの飛行の回数を増やしていくにつれ自分の感覚的に”自由に飛べる事が出来る”そうです。飛行しながら宙返りしたり行きたい方向に自分でコントロールしたりまるで鳥になったような感覚を味わる事が来ますね。羨ましいです。

この感覚は宙にポカンと浮いている感覚になるみたいで、地上では決して味わえない感覚になるみたいです。

実際の飛行中の参考動画

参考Youtubeチャンネル:ウィングスーツフライニング

まとめ

いかがでしたか?スカイスポーツはやはりスリルや危険が付きもですが適切な知識と経験を身につければ出来るのではないでしょうか。スカイダイビング経験から積まないといけないですが、200回以上は少し多いかな。どのくらいの期間掛かるんだろう。日本人のプロウィングスーツパイロットの伊藤 慎一さんの今後の活躍に期待したいですね。個人的にはスカイダイビングをやりたいので一緒にやってくれ人を見つけて興奮とスリルを共有したいですね。今回はウィングスーツについて書きました。一度は空を飛んでみたいを叶えてくれるウィングスーツ、リスクは高いですが地上では味わえない感覚を味わいたい人は是非挑戦してみてはどうでしょう。では。

→美男美女カップルの海外セレブ生活!!

→参加者の92%が女子一人旅! 完全プライベートの癒し女子旅をチェック!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。