山本KID徳郁の全盛期‼飛び膝蹴り4秒KOの映像がやばすぎる‼

山本KID徳文選手の全盛期の映像が凄すぎます!!ゴング開始4秒でその時史上最速のKOを顔面飛び膝蹴り一発で仕留めています。相手選手も山本KID徳文選手と同じぐらいの筋肉で強い選手なのですが、山本KID選手の格闘センスが1枚うわてのようでした。

相手選手の宮田選手は失神後、ドクターに控室で意識の確認、記憶の確認をしていましたがよほど衝撃が強かったのか質問に対して全く覚えていないと回答していました。

あごの骨を折る重傷で全治6カ月の怪我を負ってしまいました。その当時は2006年。約10年以上の前の映像ですが僕もこの試合の衝撃は今でも覚えています。

山本KID選手の全盛期はとてつもなく危険でとてつもなくクールでとてつもなく魅力的な選手だったと思います。

現在も海外のUFCで格闘家として活躍されているみたいですね。2006年当時より身体のタトゥーがかなり増えていますが。海外でも頑張ってほしいですね。

2006年格闘技”ヒーローズ”の一戦 ↓↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク