アンドロイドの創設者が見るこれからの「人工知能」

みなさんは、iphoneをお持ちですか?中にはアンドロイド端末をお使いの方もいると思います。そのアンドロイドを開発した創設者が今度は人工知能の分野に力を注いでいます。

アンドロイドを創設しグーグルに買収されたアンドロイドの創設者は今後の5年後、10年後を見据えた人工知能プロジェクトを始動させています。

アンドロイドを創設したアンディ・ルービン氏。彼は今後の世の中を見据えて新しい会社を設立しています。このアンディ・ルービン氏はあのグーグルに席をおいていましたが2014年に退社しています。

なぜ彼がグーグルをやめてまでしたかったことは何だったのでしょうか?

今回は、彼が今後の「人工知能」に思いを掛けている熱意をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



 

アンドロイドの創設者 アンディ・ルービン氏

アンドロイドの父と呼ばれ、全世界で普及しているアンドロイドの技術者。アンディ・ルービン氏はグーグル退社した後、新しくベンチャーキャピタルの「Playground」という会社を設立しています。

アンドロイドが全世界に普及している同様、人工知能という新しい産業に目をつけている彼はアンドロイドと同じように誰でも人工知能を開発できるプラットフォームを作り出そうとしているのです。

人工知能のスタートアップ起業の支援を行っていたり、アドバイスなど人工知能のスタートアップ起業が世の中により良い開発環境を提供出来るように環境を作っていこうとしているのです。

10年前はまさに手のひらサイズのコンピュータが世に出回るとは多くの人は予想していなかったはず。世の中の天才たちは次の5年後、10年後が予測出来るだけの洞察力を持っています。

様々な分野での人工知能の応用が可能になる時代がもうそこまで来ています。

今後の彼の動向にもチェックしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク