ディープラーニングとは?仕組みは?

人工知能の発展には欠かせないこのディープラーニング。仕組みはどういう仕組みをしているのでしょうか。

人工知能によって様々な単純な仕事が機械化してなくなるといわれています。この仕事が奪われていくという工程でなぜ、この人工知能がディープラーニングを重要視しているのか考えてみます。

スポンサーリンク



 

モデルは人間の脳

ElisaRiva / Pixabay

ディープラーニングのモデルは人間の脳がモデルになっています。人間の脳にはニューラルネットワークという脳の神経細胞があり網目状に情報が繋がりあっています。関連する物事を紐づる的に思い出すのはこのニューラルネットワークが関連として脳の中で繋がっており思い出したりアイディアを思いついたりするのです。

このニューラルネットワークを人工知能に応用することでより人間に近い適切な判断を高確率で出来るようになるのです。

判断をするために階層化

steinchen / Pixabay

ディープラーニング=深層学習という名の通り深い層までの解釈が出来るようになり、人間のニューラルネットワーク構造を利用し、人間には記憶にあたる情報をコンピュータではあらかじめ与えられたデータや様々なパターンのビックデータを利用することで一層目の判断、二層目の判断、三層目の判断、より深い層にいくことで適切な判断を出来るようになるのです。

まとめ

このディープラーニングは人工知能の技術には欠かせない技術であり、人工知能は2017年をきに世界中に普及すると思います。いえ、もう普及している国はすでにあるかもしれません。日本がまだ受け入れに壁があるだけで最先端の技術を導入を考えている企業は多いはずです。企業はコストを抑え、単純な機械労働はすべて人工知能の使いシステム化することは目に見えています。

機械に仕事を奪われない仕事を自分で見つけそれを生活の糧としていく必要があります。世の中の仕組みを良く理解し思考停止に陥らないようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク