人工知能の仕組みは一体どうなってるの?

2017年のトレンドは「人工知能」というわけでそのコンピュータサイエンスのエリート達がこぞってその人工知能という可能性に莫大な資金を投じて開発に日々奮闘しています。

この人工知能の仕組みと一体どういう仕組みになっているのでしょうか?

コンピュータというわけで膨大な情報を人間以上のスピードで処理し適切に判断するためのプログラムをあらかじめしていおき入力があったらその入力に対しての適切な答えを出すために導きされたことを出力する。

大まかな仕組みは人間の「脳」のような働きをコンピュータに自動でしてもらうコンピュータのことです。

スポンサーリンク



 

そもそも人工知能とは?

では、そもそも人工知能とはどういうモノを言いうのでしょうか?

僕たちの一般的に知られている身近なモノで人工知能を目にしているのはiphoneに内蔵されている音声認識システムを搭載した人工知能(AI)の「siri」ではないでしょうか?

簡単に言うと、人間のように情報をもとに適切な判断を自ら考え比較し決定できるコンピュータのことです。入力されたことに対して様々なデータを用いて人間の「知能」の部分をコンピュータ自身がしてしまうことです。

この人工知能はもう僕たちの身近な存在として生活に影響を与えています。

iphoneにアラームの時間を言えば指で操作せずに勝手に設定してくれる。

そんな便利な人工知能。その人口知能には目的により”特化型人工知能”と”汎用人口知能”の2つに分けられる。

特化型人工知能

特化型人工知能とはある特定のタスクに特化した人工知能のことであり、特定のパターンのアルゴリズムに沿って判断していく人工知能のことでチェスの世界王者を勝ったIBMのAIディープブルーや囲碁の世界王者に勝利したGoogleDeepmaindのAI「AlphaGo」や自動運転技術、iphoneのsiri、またGoogleの検索エンジンなどもこの特化型人工知能のシステムで動いています。

この特化型人工知能の発展にはディープラーニングという技術が欠かせませんでした。このディープラーニングによるビックデータの解析・応用が進み昨今の人工知能の発展に繋がっていったのです。

→ディープラーニングとは?仕組みは?

汎用人工知能

この汎用人工知能は人間と同等レベルの知能、つまり様々な領域での知能を発揮し自ら課題抽出して解決していくまでの過程を特定のタスクだけでなく判断し広範囲にわたり応用出来る人工知能のことであり、受動的ではなく自律的に学習していく。

わかりやすい汎用人工知能の完成形を表すとすればアニメの感情を持ったロボットのドラえもんやコンピュータの反乱を舞台にした映画で出てくるターミネーターが汎用人工知能の完成形である。

まさに、このターミネーターで出てくる「審判の日」がシンギュラリティ(技術的特異点)であると言える。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク