人工知能が仕事を奪う日が来るのか?

人工知能が僕たちの仕事を奪う人は来るのでしょうか?

テクノロジーの発展に伴い、農業革命、産業革命、そしてIT革命の転換期の中に僕たちは生きています。

人工知能の進化が進むにつれて僕たち全人類の頭脳を合わせた頭脳よりも賢くなるという予想がされていいますが、その人工知能がいろんなビジネスで応用される中で僕たちの仕事は一体どうなっていくのでしょうか。

 

スポンサーリンク



 

 

人工知能が注目されている近年、そして今後の発展はスピードが速すぎて目まぐるしく変化していきます。人工知能が単純な業務フローは僕たちの人間の代わりになり、より効率的によりわかりやすく変化していくことになります。

その中で僕たちの仕事はどんどん人工知能や性能が高い機械に奪われていくことが予想されます。

この中で、機械に変わらずに必要とされる人材はどういった人材が求められていくのでしょうか?

人工知能はディープラーニングという機械学習のシステムをプログラムすることにより人工知能自身が自分で学習していきもっとも確率の高い正解を自ら導き出し出力していくシステムのことであり、一度プログラムしてしまえば単純作業などの業務フローは人工知能に変わる可能性は高いです。

では、その業務フローは企業や業種により複雑であります。そのプログラムする人材が必要になってきます。今後の人工知能が発展し普及していくうえで必要になってくる人材はその人工知能のプログラムを理解し企業にアドバイス出来、かつプログラミング出来る人材が求められていきます。

義務教育にも必須科目としてプログラミングが追加されるニュースが最近放送されていましたが、そういった国による施策としても今後プログラミング出来る能力は今後の社会やビジネス、そしてグローバル化していく社会に英語がしゃべれないと通用しないといけないぐらい重要なスキルとなっていくと思います。

この人工知能の社会への普及はまだまだ浸透していません。ですが、必ず人工知能がiphoneやソフトバンクのpepper君だけでなく人工知能がなければ生活が不便になるほどの普及していくことは確実です。

今は求められている前の段階、必要とされる時期に勉強していては遅いと今の段階では思います。プログラミングの必要性は人工知能の応用やIOT(モノのインターネット)が生活に必要とされ世の中が気づき始めている今、勉強していおき必要とされる時に身につけているスキルを使い生き残っていかないといけません。

コンピュータをプログラミングする能力を養い応用し自分のスキルとして身につけることは将来武器になるとものすごく感じました。

人工知能やプログラミングの可能性や必要性を感じさせてくれたサイトも一緒にご紹介したいと思います。

人工知能の勉強の仕方や必要性を独自の視点で説明してくれています。是非ともチェックしてください。

 

→新規事業の作り方←

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク