フィンテックとは何?今は時代の転換期。

最近、フィンテックという言葉をよく見かけるようになった。テクノロジーが発展し新しい分野の技術革新がとてつもないスピード感で進化している。

このフィンテックという言葉は時代の転換期にふさわしい言葉なのである。

 

スポンサーリンク



 

金融と情報の未来を大きく変化させるであろうフィンテック。

まずは用語の由来から教えていきます。

このフィンテックという言葉ある言葉とある言葉を組み合わせて作られた新しい言葉だ。

ブロックチェーンの記事でも紹介した通り仮想通貨やその他、様々なサービスやモノがインターネットと繋がる時代になっている。

フィンテック、それは、

ファイナンス(金融)とテクノロジー(技術)を組み合わされた造語である。ブロックチェーンを用いた仮想通貨が一番わかりやすい身近な話題だ。

このフィンテックは今までになかったテクロジーを駆使した新サービスや事業者のことを指し、今後の大幅に伸びるであろう市場を狙った新しい開拓者たちのことをも連想させる。

geralt / Pixabay

 

金融サービスがインターネットに繋がると今まで金融機関が独占していたサービス、保険、経営、送金、決済、業務支援などを今までより低コストでより早くより単純により便利に使うことが出来る可能性が高いのだ。

現在では、IOT(モノのインターネット)でなんでもネットに繋がっている状態であり、電気自動車や普通の自動車も常に繋がっている状態を確保することが出来る。

また、データもクラウドで保存すればビックデータやデータの共有・変更なども環境さえ整ていればなんでも出来る時代。

時計もタッチパネル式のアプリ搭載ウォッチも多くの人々が愛用しいる時代。

このフィンテックの企業やサービスは今後の僕たちの生活を多きく変えることは間違いないといっていいほどの価値があると思います。

まだ、普及はしていないが、僕たちは時代の転換期の真っ只中にいるということを情報を見るとわかります。

 

vylip / Pixabay

 

5年後、10年後は一体どんな未来がまっているのでしょうか?

ここ10年~15年でテクノロジーの技術革新はとてつもないスピードで僕たちの生活に影響を及ぼしています。

そう遠くないみらいは今の僕たちの想像をはるかに超えるテクノロジーで溢れかえっていることを想像してしまいます。

最近、VR(仮想現実)の体験もしてきました。

本当にそこにいるかのような没入感を得ることが出来ました。ですが、2016年はVR(仮想現実)元年と言われています。

確実にもっとリアルにもっと直感的になることでしょう。

 

geralt / Pixabay

 

本当に映画のマトリックスの世界が現実になりそうで少し怖い部分はありますがより便利により暮らしやすい生活を早く体験してみたですね。

このフィンテックという言葉がみなさんの耳に頻繁に聞くことになる日も遠くはないでしょう。楽しみに待っていましょう。

ではでは。

スポンサーリンク

スポンサーリンク