「グラフェン」新時代の新素材の可能性。

グラフェン、その新時代の新素材は薄くて強靭で丈夫でしかも軽量。その新時代の新素材はさまざまな業界に影響を及ぼすであろう。

2010年にノーベル物理学賞を受賞した研究者はこの「グラフェン」の単離に成功した。炭素の一層分のシートをセロハンテープの粘着力を利用して発見したのだ。

エレクトロニクス部門での応用が多いに期待され様々なデバイスにも今後使用されるかもしれない。今回はそんな未知なる可能性に満ちた「グラフェン」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク



 

グラフェン 構造

グラフェンの構造は炭素原子一層の網目状の構造をしており、炭素原子一層なのでとても薄いシートになる。かつ、熱伝導率や電気の伝導率もトップクラス。平面内だけはあのダイヤモンドよりも強い物質だと考えられている。

 

グラフェン 半導体

電気の伝導率が良い事から半導体にも良い影響を及ぼす。現在の主流のシリコン半導体の代替えが期待されており、コンピュータの従来の伝達速度も飛躍的にアップする事が予想され業界からは新しいのこの半導体の応用に大きな期待を寄せている。

グラフェン 応用

グラフェンの応用として半導体だけでなく、タッチパネルやLEDや太陽電池の応用もグラフェンを使用することで性能を大幅にアップされるであろうと言われている。

まとめ

この炭素系素材の研究はまだまだされており半導体などのコンピュータだけでなく未開拓の市場も出来ると思われる。セロハンテープで発見されたこの熱電率もよく伝導率も良く素材としても固い素材でありいろんな分野に応用出来る新素材。

今後も僕たちの生活の中にどんどん浸透していくに違いない。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク