テスラモーターズのモデルSの価格はどのくらい?次世代の電気自動車に期待感。

テスラモーターズをみなさんご存知だろうか?今、注目されている電気自動車の会社である。世界の天才の起業家・事業家として有名なイーロン・マスクがCEOを務める会社であり革新的な機能を車に搭載させている。

すべてがコンピューターアプリケーションで制御されておりイメージしやすく言うとiphoneが車になった感じだろうか。乗ったことはないがプロモーションビデオや公式サイトを見ているとそのぐらいの利便性を感じされる。

スポンサーリンク



 

ほとんどの機能をコントロールする17インチのタッチスクリーン

主な機能はこちら

  • メディア(AM/FMラジオ、オンラインラジオ、インターネットラジオなど)
  • カメラ(視界と安全性のために最適化されているHDバックアップカメラ)
  • マップ(グーグルマップと連動しておりシンプルで使いやすい設計)
  • エネルギー(リアルタイムのエネルギー消費量と航続距離予測)
  • コントロール(ドライビングパーソナライゼーション、空調設定、キャビンコントロール)
  • カレンダー(日々のスケジュール管理のためのカレンダー同期機能、
  • 電話(音声コマンドとBluetooth対応のハンズフリー通話システム)

主にこれらの機能をタッチスクリーンから操作出来、グーグルカレンダーを同期も出来る。車自体にwifiが搭載せれておりインターネット接続も可能となっている。

 

このモデルSはわずか2.9秒で時速100キロまでの加速を実現可能。オートパイロット(自動運転)機能もついておりまさに最先端の自動車技術を詰め込んだ電気自動車となっている。

充電はどうすれば良いのか?

電気自動車なのでガソリンは使いません。電気を充電するためのプラグインが用意されておりそのプラグインを車に接続することで充電が出来る。

一度に掛かる充電は45分ほどで最高約613キロの走行が可能だという。

また、テスラモーターズは”スーパーチャージャー”という急速充電器を各地に設置しておりこの急速充電器を使うことにより通常の充電より速く充電出来、設置場所が増えることによる将来のテスラモーターズ社の電気自動車の普及が期待される。

現在(2016年8月時点)でこの急速充電が出来るスーパーチャージャーが設置されている箇所は以下の地域でまだまだ全国各所すべてには設置はされていない。だが、ガソリン車から電気自動車への乗り換えをする人が増え、需要が増えればどこででも充電出来るぐらいに増えることが予想される。

仙台 : 宮城県仙台市泉区寺岡6-2-1

倉敷 : 岡山県倉敷市笹沖1209-1

大阪 : 大阪府大阪市北区末広町2-40

東京-お台場 : 東京都江東区青海2-4-32

東京-丸の内 : 東京都千代田区丸の内1-1-1

東京-六本木 : 東京都港区六本木6丁目10-3

横浜 : 神奈川県横浜市戸塚区上矢部町995-1

浜松 : 静岡県浜松市北区都田町7822

盛岡 : 岩手県盛岡市本宮4-40-20

神戸 : 兵庫県神戸市中央区港島9-2-5

長野 : 長野県長野市松代町西寺尾 1372-1

引用:ウィキペディア

実際のスーパーチャージャーの動画SNSに投稿されていたので確認してほしい。駐車場みたいな感じでテスラモーターズのロゴがカッコいい。夜の動画ということもあって雰囲気も出てると思う。

Tesla charging station. #tesla #electriccar #スーパーチャージャースタンド #テスラ #スーパーチャージャー

ERICA / エリカさん(@8fold4noble)が投稿した動画 –

テスラモーターズの名前の由来

二コラテスラ

ニコラ・テスラ

このテスラモーターズの名前の由来が気になった人もいるだろう。この”テスラ”という名前はどうやってつけられたのか、CEOの名前はイーロン・マスクであるからCEOからの名前からは取っていないのがわかる。実は歴史上の人物から名前を取っているらしい。

あの電球を発明したエジソンとも一緒に働いていたこともある”二コラ・テスラ”という発明家からとったらしい。この”二コラ・テスラ”もかなり頭が良く、無線トランスミッターや交流電流に詳しかった。もしかして電気つながり?

 

自動で充電できるシステムもある

オートバッテリーチャージャーと呼ばれる全自動でチャージ出来るチャージャーもあり、その動きがなんともSF映画に出てくるような未来感丸出しの映像。最先端の技術が凄すぎる。少し動きが気持ち悪い感じもするけど。

SF! #テスラ #tesla #オートバッテリーチャージャー #chargerprototype #トランスフォーマー

SAVE Tiffanyさん(@amlaa_indigolaa_gesu_krystalfx)が投稿した動画 –

自動運転の動画も実際に手を触れていないのがわかります。この技術は事故などが起こっているためなんとも言えませんが近い将来、自動車の中で寝ているあいだに目的地についているなんてことも実現しそうでワクワクします。

TESLA運転させてもらっちゃったっちゃった!!!!!!! やっばいやっばい!!カッコよすぎる!! テンション上がりまくる? オートパイロットの機能について、興奮しながら下手な棒読みのリポートしてます? このムービー後、高速ガンガン出してヒューヒュー叫びながら運転してましたwww 楽しかったー✌ また人生の目標が出来た♥️ #teslamotors#tesla#電気自動車#オートパイロット#バッテリー式電気自動車#テスラ#シングルマザー#運転#すごい#興奮#感動#ハイテンション#リポート#下手くそ#笑#カッコよすぎる#かっこいい#欲しい#高級自動車#高級#外車#金持ちになりたい#頑張る

あやこさん(@u.a8co0205)が投稿した動画 –

気になる価格はどのくらい?

さて、こんな超ハイテクなテスラモーターズの電気自動車、一体どのくらいの値段がするのでしょうか?モデルSの価格を見ていきましょう。

価格ドットコムの値段によると

  • 新車価格で926~1369万円
  • 中古価格で798~1850万円

やはり、新車は1000万円前後の価格はしますね。中古価格で価格が跳ね上がっているのはオプションやソフトウェアのアップグレードや保証などといった車両以外の価格が上乗せされてるかと思います。

ん~、それにしても高い。

モデルSということもありセダンですのでこのぐらいのハイテク技術が搭載されているのでこのぐらいの価格はするのでしょうね。

モデル3がまだ発売されていませんがこのモデル3は一般向け用の電気自動車と予想されますのモデルSよりかは手が届くくらいの価格になるのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?テスラモーターズの電気自動車のモデルSの紹介でした。インスタグラム上でのハッシュタグで検索してみると試乗した動画やオートパイロット(自動運転)している動画が多く見られます。

日本での充電チャージャーの普及はまだまだですが、今後ガソリン車に変わる電気自動車の新しい市場開拓の先駆けとなっているはずです。また、このテスラモーターズのCEOのイーロン・マスクはロケット事業なども手掛けていてとても面白いです。いつか人類が火星へ移住する日もそう遠くはないかもしれません。

世の中の天才たちがより生活しやすくより便利でより快適にするためにテクノロジーの研究に励んでくれています。今後もこんな天才たちにワクワク感と未来感をもっと見せてくれると期待して胸を驚かせておきます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク