人の成長曲線はどのように動くのか?

今、出来ないことを当たり前のように出来るまでの人の成長曲線はどのようになっているのでしょうか?

人が勝手に頭の中で考える成長曲線は下の図の成長曲線を思いがちですが、

実際には自分の思い描いている成長曲線通りには行かず、ゆっくりと反復して練習したり経験値が上がっくる段階を経て理想の自分のポジションに移っていきます。

ですので、本来の人の成長曲線は下の図のような成長曲線がほとんどなのです。

学生の頃に部活を初心者から初めて上達するまでにかなりの日数が必要ですが、ある程度の経験や反復練習をすると自分の理想通りに身体が動かせたりそのスポーツを習得するスキルを会得する時間が短くなるのはそのためです。

この曲線の部分が最も地道で辛く人があきらめたくなる箇所です。このカーブのところを踏ん張れるか踏ん張れないかでのちのちの理想の自分に近づけるか近づけないかが決まってきます。

このカーブを描く箇所はとてもつらい箇所です。どうしてこうも繰り返し反復して練習しているのに出来ないのだろう。と悩み始める期間でもあります。

この期間を乗り越えるとある日そしてふとしたきっかけ何かコツやアイディアが思いついたりして良い結果に結び付くのです。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク