情報に溺れることで判断力と洞察力を養う。

情報に溺れることで判断力と洞察力を養おう。

情報に溺れることで判断力と洞察力をやしなう。インターネットが普及した現在、あまりにも情報が多すぎて何が正しく何が正しくないのか全くわからない状態に陥ることが多くあります。

その中でしっかりと自分で判断し何が正しくて何が正しくないのかを出社選択していく必要があります。

一度大量の情報に溺れることで本質をついた情報を自らの判断力と洞察力で見つけることができます。

 

スポンサーリンク



 
 
 
1.情報に溺れる
あることを調べようとして2つの答えが出た場合あなたは一体どちらを信じますか?

インターネットは誰でも情報をすることができます。それは正しい場合でも正しくない場合でもどちらでも可能です。

情報が多すぎて思考が追いつかなくなりしっかりとした正しい答えを導き出すことが難しくなっている世の中になっています。

 
2.いろんな選択肢に触れる

情報に溺れるといろんな選択肢が増えます。

選択肢が多くなればなるほどあなた自身の考えや思考のフィルターを通して何が正しいか導き出さないといけません。

あなたの思考のフィルターが正しい判断と洞察力が鍛えられあなた自身に必要な答えが導き出されます。

3.自分でしっかりと判断できる考えを見つけよう。

自分自身の判断出来るための情報収集や考えをしっかりと身につける能力が必要になってくると感じます。そして、その考えを自分の中に落とし込み新しい価値に変えていくことがあなた自身の成長や今後の判断基準レベルに影響していきます。今までの自分の判断で間違ってしまっていたことを、判断力と洞察力を常に鍛えることで失敗や何が自分にとって正しいのか見極めることが出来ます。
 
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク