よくある暗記力を高める方法。

暗記力を高めるにはどうしたらいいのだろう?物忘れが多いし、試験勉強も暗記力が苦手な人などこれを使えば今よりちょっとだけ暗記力があがるかもしれない方法をご紹介したいと思います。

暗記力は繰り返し繰り返し反復することが重要ですが、イメージ力や身体の身振り手振りをしながらの方法もあります。一番はその暗記する内容を自分自身の中にしっかりと理解し落とし込むことが必要となってきます。

あの人はすぐ暗記してしまう。昨日しっかりと暗記したはずなのにどうして覚えていないのだろう。そうした悩みをもった人も多いはずです。今回はネットや教育番組などで取り上げている聞いたことがよくある暗記力を高める方法をご紹介したと思います。

また、世の中には、暗記することを文字として暗記するのでなく写真記憶という方法を使い、パッと目で写真のように記憶してしまい、必要になったらその頭の中に写真として覚えておいた記憶を呼び起こしてその場で今この瞬間に

目の前で見てるかのように答えてしまう人が稀にいます。その人達はどうやってその技術を身につけたのでしょうか?そして、私たちの一般人にも訓練やトレーニングを実践すれば、出来るようになるのでしょうか?

暗記力は誰にも負けない。暗記力はかなり苦手。でもそんなこと言っても所詮世間一般的に言われている暗記方法を一緒なんでしょ?そう思われるかもしれませんが、この方法は違います。トレーニングすればするほど鮮明に記憶でき、やればやるほどあなたの暗記力が増すはずです。

世の中には常識では説明しきれないような能力を持つ人間もいますが出来れば一般人にも応用できるようなトレーニングをご紹介したいと思いますので、是非、暗記力や記憶力に自信がない方は試してみてください。

論理的に考えたり計算方法が速かったりIQが以上に高かったりとお笑い芸人でも高学歴芸人はたくさんいます。そして、色んな勉強方法や暗記方法も番組で紹介されています。

そして時にはお笑いの漫才やコントでなく、インテリ芸人という肩書きで各局のクイズ番組に出演しタレントみたいな扱いをされるのです。その暗記方法の数々を今回はご紹介したいと思います。前置きがかなり長くなりましたが、このサイトを見ている方が少しでもあなた自身の価値が上げればと思います。

スポンサーリンク



 

記憶定着のメカニズム

暗記をするのにはどういうタイミングが良いのがご存知の方もいるかもしれませんが、それは睡眠を取る前に暗記すると良いといわれています。

その理由として、人間の脳には睡眠中にその日あった出来事や情報を整理する機能が働いているからです。ですので、眠る前に暗記したいモノを覚えておくと睡眠中に脳が情報の整理をし記憶に定着してくれる確率が高いからです。

そして、この記憶定着のメカニズムとしてもう一つ有名なグラフがありますが、エビングの忘却曲線というグラフを聞いたことはありますか?

このグラフは人の記憶の定着率をグラフ化したのもで、人は一日後にはその日覚えたことを75パーセント忘れており、日にちが立つにつれどんどん記憶が忘れ去れてしまうというグラフを表したものです。

では、その記憶の定着を引き延ばすにはどうすれば良いのか。それは、復習をするタイミングです。その日覚えた事をその日に復習し、一週間後にも復習する。そして2週間後にも復習する。そしてその1か月後にも復習する。

そうすれば、記憶は脳に長期記憶として頭に残り続けます。頭の良い学生たちはうまくこの復習のタイミングを見計らい、忘れない為の復習をしているのです。

いったん、長期記憶として脳に定着しておけば大事な場面や思い出さないといけない場面ですぐに頭の奥から記憶をひっぱりだす事も可能となります。

 

イメージとして記憶する写真記憶

この方法は冒頭でも説明した通り文字として記憶するのではなく、写真のように全体をイメージとしてそのまま脳に焼き付けて覚えてしまうという方法です。

この方法には、訓練が必要ですぐ出来るようになる人はあまりいません。ですが、訓練を継続していけば脳に直接、画像として記憶してしまうため、教科書をまるまる暗記してしまったりノートを取らずに試験に挑んでも画像として脳が覚えているため高得点を取る人達もいるそうです。

トレーニング方法

まず、覚えたい対象のものを全体をボーッと眺めるように見る。そして、その風景のまま写真として画像として記憶するように頭に命令をだす。

文字として記憶するのではなく、注意するのは画像としてイメージとして記憶してしまうということ。このときに文字として認識して記憶してしまうとイメージとして記憶するのではなく、言語情報として理解してしまうためより左脳的な頭の考えになてしまいしっかりとそのことを理解してしまわないといけないです。

その方が理解は深くなるが写真記憶に比べかなり掛かってしまいます。そうならない為にも頭にイメージとして覚えるということを意識付けをしておくことが大事になってきます。普段からのトレーニングも大事で新聞や暗記したい対象のものも訓練で利用し写真として頭に残るよう工夫しておかないといけないです。

このトレーニングをすれば物忘れやすぐに道を記憶したりすることもできるので訓練し慣れるまでは大変だと思うが将来の自分の為には身に着けておいて損はないテクニックです。

 

 

マインドマップで関連付けて覚える

マインドマップ。それはトニー・ブザンが考案した記憶方法のであり、真ん中のビックキーワードから連想される要所要所のスモールキーワードの内容をわかりやすく脳みそのニューロンの様に繋げていき関連付けて覚えておく手法です。

このマインドマップもイメージとしての記憶力の方法としての活用が強く。仕事やセミナーの内容、大学の講義などでわかりやすく自分で自由に書いていいのでノート替わりとして活用している人も多いです。

あとで、見返して思い出しやすいようにこちらも絵や記号、そして色鉛筆などで装飾を施したりとその人の発想するアイディアも養うことが出来るので一石二鳥です。

学校の授業なども自分なりの考えと先生の考え、両方を書くことが出来る為、楽しくノートをとることが出来ます。また、友達通しでマインドマップを比較してみるのも面白いかもしれないですね。

 

暗記力はモチベーションも大事。

暗記力の方法は他にも色々とありますが、それでも一番大事なのはやっぱりモチベーション維持でしょうか。よし!覚えるぞ!というモチベーションがなければ覚ええるものも覚えれません。

こんなに覚えれないよ!という言葉も聞こえて来そうですが、案外人間は出来るもので覚えようという強い気持ちがあれば、覚えるものです。

最後は、なんか精神論みたいな形になってしまいましたが写真記憶や眠る前に暗記力を鍛える。といったテクニックは使えると思います。自分にあったテクニックを応用しながらやっていくの良いですし、新しく暗記方法を自分で考えるのも面白いかもしれませんね。是非、新しい暗記的ニックを開発した方は教えてくれれば幸いです。

こちらもおすすめ記事

Bluetooth防水スピーカーお風呂でもアウトドアでも使いたいお!すすめ5つ。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。