ケアレスミスを防ぐには?

ケアレスミスとはいつも通りにすればできる事なのにミスしてしまう。集中力が切れたときなどにおこるミス。注意してもミスしてしまう。こういったケアレスミスを防ぐにはどうしたら良いでしょうか?

スポンサーリンク



 

原因

原因として考えられるのはいつもやっていることなので間違えれるはずがないという思い込みやちょっとした確認不足、うっかりしていたり何か別の事を考えていたり、複数の作業を並行していたり時などにこのケアレスミスは起こりやすいです。慣れた作業からくる気の緩みが影響しています。このケアレスミスをしてしまうと余計な作業や仕事を増やしてしまう場合があります。あなただけでなく周りの人達までも巻き込んでしまう時もあります。

 

対策

対策として頼まれた仕事やその日のうちにやるべきことメモする癖をつける。また、ケアレスミスの自分のパターンを覚えておき意識づける。作業に追われそうになった時にこそ自分を落ち着かせる。何度も確認する。声に出して確認する。自分に言い聞かせることで頭でだけでなく言葉でも自分に言い聞かせることが出来ます。また、同じミスを繰り返さないために絶対に次はミスしないと心に誓う事も大事です。仕事の出来る人も最初はいろんな失敗を繰り返し自分なりに考えてケアレスミスを少なくしています。そういった周りにいる仕事の出来る人のやっているミスしないための工夫を真似してみるの良いでしょう。

 

まとめ

ケアレスミスはどんな仕事にもつきものです。何度も同じミスをしてしまったり気を付けているのミスしてしまう人は確認の回数を増やしたり自分のミスしてしまうパターンを思い出していき、紙に書きだしたりして自分自身と向き合いましょう。繰り返し反復することで修正されていきます。是非、まずは自分自身のミスしまうパターンから洗い出してみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。