天才たちは元々天才なのではない。読書をしていたから天才になれたのだ。

みなさん、月に本をどれくらい読んでいますか?1冊も読まないという人もいれば10冊以上読む人もいると思います。では、読書をすることで私たちにどのような変化がでるのでしょうか?天才と呼ばれる人たちの多くは読書家が多いです。読書は読んだ人に新しい価値を与え、新しい考え方を与え、新しい発見を与えるのです。そして、本を書いた著者との対話が出来ます。今回は読書をすることで得られる十分すぎるメリットおご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



 

何のために本を読むのか?

まず、本は何のために読むのかを理解しないといけません。まったく興味のない本を読むのも良いですが、何かしらの目的があり本を手にとりあなたの知りたい情報が書いてあるから読むのです。もし本を読む目的がないのに読んでいるという状況は本当に本を読んでいると言えるでしょうか。なぜなら、ただ見ているだけという形だからです。世の中には目で見て読むスキル(速読)を習得している人がいますが一般的な人は普通トレーニングしない限り一定のスピードで読みます。この目的を持って本を読むことが様々な天才たちを生み出しています。自分の知らない情報が本の中に隠されています。それは、自分自身自身の価値を高めるためのものかもしれませんし、日々の生活を効率良くするための知識や考え方など様々です。今までのあなたの知識や経験を再確認できる場でもあります。その本で読んだ知識を今までに誰も考えつかった世の中の人々の為になるモノ・サービスへ応用しイノベーション(革新)を起こしいるのです。その知識は日々の気づきからの割合もあるかもしれませんが、本に読むことによって得た知識も多くの割合で関係しているのです。

 

想像力(イメージ力)が豊かになる。

小説や本というのはイラストや画像が含まれる場合もありますがほとんどが文字情報の塊でありです。人は読んだ文字を頭の中で想像できる力があります。読書することで本の中の世界にどっぷりと入ることが出来ます。小説などは良い例で物語や情景を上手く表現している文章を読むとより具体的に頭の中でイメージ出来ます。また、物語を読むことで宇宙旅行に行けたり、何百年前の過去に行ったり何百年後の未来へ行ったりすることもできます。このイメージ力を天才たちは養うことで自分の知識と今まであるモノ・サービスを頭の中でイメージし組み合わせたりあえて壊してみたり応用し人々の暮らしや生活を豊かにする革新を起こすのです。このイメージ力は本を読むことで養われます。新しい知識を吸収することは脳にとっても良い刺激になり活性化に繋がります。

 

もうこの世にいない偉人と対話が出来る。

本は文字情報であり、一度書いたら燃やして解読が出来ない限り賞味期限や人間の様な寿命というものがありません。どういう事が言えるのかというとずっとこの世に残り続けるという事です。この世にいない有名な偉人や小説家の本を今、現代の私たちは読むことが出来ます。読むことで本を書いた著書が何を考えていたのか、どういう意見が言いたいのか、感情を読み取ることが出来ます。そして、その感情を読み取ることで著書との対話が出来、考え方を吸収したり反対にあなただったらこう考える。などを頭の中でイメージし対話が出来るのです。天才たちは今までの天才たちの考え方を本を読むことで真似したり現代の技術や時代背景だったらこうすればもっと良くなると考え行動しているのです。

 

経験や知識は決して盗まれない。だが、伝える方法はある。

あなたのこれまでに様々な経験や吸収した知識は決して盗まれません。お金を持っていて強盗にあったとします。お金はもっていかれますがあなたの頭の中にあるこれまで体験した経験や知識を他人が持っていくことは決してできません。ですが伝える方法はいっぱいあります。まず、文章として本に書く。言葉で人に伝えたり教える。この教えるという事が今までの私たちが学校で学んできた教育という形になります。学校に行き色んなことを吸収する。歴史で過去について学んだりスポーツのルールを覚えたり思いやりの心を学んだりすることです。大人になって気づいたのですがもっと勉強しとけばよかったと。ですがまだ遅くはないと思います。今からでも十分に自分自身の価値を高めることは出来るはずです。それは色んな読書をする事です。色んな考え方に触れる事であなたが自分自身を教育することが出来ます。

 

まとめ

今回は読書をするこに対するメリットについて書きました。読書は私たちに色んなとこへ連れてい行ったり知らなかった事を教えてもらったり考えさせられたり考える力を養ってくれます。天才たちに読書家が多いのは考える力がものすごく発達していて一般の人では考えられないような発想を読書をすることで向上させていたのかもしれません。私たちも日々の生活や勉強に読書を役に立てましょう。今までの知らなかった視点や思いもつかなかった発想を読書をすることで発見出来るかもしれません。少しずつでも良いので脳に刺激を。新しい知識を。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。